• 鼎談書評

    昭和の革新右翼運動をリードした知性

    『満川亀太郎 慷慨の志猶存す』 (福家崇洋 著)

    片山 ついに満川の評伝が出たか! と狂喜してしまいました。満川亀太郎は、昭和の革新右翼運動の大本になった「猶存社」の三尊のひとりと…

    2016.06.24
Prev
Next

消費増税延期 安倍決断は諸刃の剣だ

サミットを利用した強引な政策転換の吉凶

埼玉県立浦和高校

野辺博 (弁護士)

樋口久子さんに褒められました

大島親方 (元関脇・旭天鵬)

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。