同級生交歓 文藝春秋 掲載記事

学習院初等科

舟崎克彦 (作家・白百合女子大学教授)

東京・新宿区 学習院初等科にて(撮影 本社・杉山秀樹)
(前段右から)
  • 一般社団法人常磐会会長
    近衞甯子
  • 『日比谷園』代表取締役
    石川裕海
(後段右から)
  • 前田建設工業相談役
    前田靖治
  • 作家・白百合女子大学教授
    舟崎克彦
  • 京都産業大学教授
    東郷和彦

 華族学校として設立された学習院は終戦後、私学として再興成ったが、その五年目に初等科へ入学したのが我われである。

 当時の院長安倍能成先生はいつも「正直であれ」と説き続けられた。

 それから幾星霜、紅顔の小学生たちも今や古稀、近衞さんは学習院女子中・高等科同窓会―常磐会のまとめ役であり、東郷君は外交官から転じて教壇に立つ。石川さんは事業のかたわらご両親の一代記『上海成金』を上梓し、前田君は社長在任中に全国建設業協会の会長をつとめた。

 皆、活動の場こそ違え、職責を真摯に果たして今日あるのも、安倍院長の薫陶よろしきを得たおかげと言うべきか。

舟崎 克彦

この記事の掲載号

2014年8月号
2014年8月号
大型企画 「死と看取り」の常識を疑え
2014年7月10日 発売 / 定価880円(税込)
関連ワード

近衞 甯子石川 裕海前田 靖治舟崎 克彦東郷 和彦

人の新着記事 一覧を見る RSS

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。