2008年2月特別号

2008年2月特別号 [ドキュメント] 見事な死 阿久悠から黒澤明まで著名人52人の最期
2008年1月10日 発売 / 特別定価730円(税込)

明治天皇と広島大本営 葭の髄から130   阿川弘之

始球式ならぬ二球式   逢坂 剛

ナチスと連合軍   アルフォンス・デーケン

ヘドニック法   南淵明宏

「日本語」という授業   若井田正文

日活同窓会   宍戸 錠

ベルギー大使館の取り壊し   奈良岡聰智

『現代用語』の六十年   清水 均

企業と美術の幸せな関係   酒井忠康

ブランド品には御注意を 日本人へ57   塩野七生


◎寿命はどこまで伸びるか? 知の巨人たちが論じ尽くす
不老革命 アンチ・エイジングの衝撃
立花 隆/茂木健一郎/玄侑宗久/白澤卓二/大内尉義

1 「寿命100歳社会」がやってくる

2 若さと健康を保つ生活とは

3 アルツハイマーは薬で治る

4 長寿者の力を活用せよ


小泉純一郎“大連立”総理の誕生   水木 楊
政界再編シミュレーション


独占手記

わが告白 総理辞任の真相   安倍晋三
突如、襲った体の異変。今、初めてすべてを明かす


守屋が私に託した機密ファイル   田村建雄

大増税が医療・年金を破壊する   菊池英博


特別寄稿

昭和天皇と明治天皇 ――太平洋戦争 真の敗因は何か――   半藤一利
日露戦争でできたことがなぜ失敗したのか?


日本版サブプライム破綻の日   荻原博子

父が語る“ハニカミ王子”教育論   石川勝美

「母べえ」は偉大な昭和の母   吉永小百合/山田洋次/野上照代


ドキュメント

見事な死
――阿久悠から黒澤明まで著名人52人の最期――

阿久 悠 天才作詞家の「声の遺書」   葛西聖司

正田英三郎 美智子さまのお見舞い   日野原重明

平岩外四 「お先に逝かせて頂きます」   小林庄一郎

松田優作 「人間は必ず死ぬぞ」   渡邉俊夫

城山三郎 幼児のような表情で   井上紀子

長嶋亜希子 すべての苦痛から解放され   深澤 弘

黒澤 明 巨匠は眠るように逝った   黒澤和子

後藤田正晴 憲法改正を憂えて   後藤田尚吾

淀川長治 最後の講演でサヨナラ   碓井広義

宮本警部 自殺者を助けて殉職   溝口紀佐夫

藤原伊織 いおりんの「長いお別れ」   藤原眞知子

山口小夜子 トップモデルの急逝   近藤女公美

中島らも 「トンマな死」を予言   中島美代子

ジャイアント馬場 病室での闘い   馬場元子

三船敏郎 三船プロ縮小の衝撃が   三船武志

坂井三郎 “大空のサムライ”倒る   菊池征男

茨木のり子 「お別れの手紙」を残して   宮崎 治

金丸 信 “政界のドン”晩年の日々   金丸信吾

ナンシー関 唇に口紅をつけてあげて   米田真里

芦屋雁之助 「愛してる」が最後の言葉   西部久里子

小倉遊亀 百歳すぎて絵描き再開   森 寛子

三木のり平 すべての治療を拒否   小林のり一

岸田今日子 病室のプレートは娘の名前   岸田衿子

奥崎謙三 病床で謎の「血栓溶解法」   中川卯平

尾崎 豊 「万事塞翁が馬」の貼り紙   尾崎健一

古山高麗雄 亡き妻の布団の上で   原樹ちかこ

羽田健太郎 最後の演奏は『宿命』   羽田幸子

白洲正子 母の理想の死に方   牧山桂子

高円宮殿下 韓国での“異変 ”   久能 靖

吉村 昭 賢明なる自然死   大河内昭爾

貴ノ花 がん発病を告知せず   貴乃花親方

宇野千代 「幸福」の二文字   藤江淳子

岡田眞澄 息子への七年ぶりの電話   岡田眞善

三浦敬三 生涯スキーヤーの大往生   三浦雄一郎

土光敏夫 呼吸装置を外す瞬間   土光陽一郎

仰木 彬 殿堂入りが「生前葬」   中西 太

水上 勉 謎の言葉を遺した父   水上蕗子

安井かずみ 森瑤子さんの葬儀の日に   大宅映子

梶山静六 ノートに遺した覚悟   梶山春江

小田 実 「お前ほどの女はいなかった」   玄順恵

田村隆一 末期の冷や酒一   合田村悦子

杉浦日向子 早朝五時半の上方落語   鈴木雅也

柳家小さん 死の四日前の会話   柳家花緑

飯田深雪 死ぬまで家族と同居せず   飯田雄一

升田幸三 「病体」が一番の難敵   升田静尾

丹羽文雄 「死ぬのはむずかしい」   丹羽多聞アンドリウ

太地喜和子「唐人お吉」への執念   加藤 武

團伊玖磨 最後までパイプを   團 紀彦

幸田 文 書かれなかった続編   小島千加子

井深 大 静かなる退場のとき   井深 亮

村山 実 父の大きなぶ厚い手   村山真司

丹波哲郎 葬式はめでたいものだ   丹波義隆

「千の風」を二人で合唱した   新井 満/日野原重明


カラーグラビア&大アンケート

昭和の美男ベスト50 ――長谷川一夫、上原謙、石原裕次郎ほか
麻生太郎/扇 千景/岡田 茂/林真理子/南 伸坊/櫻井よしこ他


新・タクシー運転手残酷物語   矢貫 隆

「三丁目の夕日」と芥川賞   川本三郎


インテリジェンス交渉術   佐藤 優
――私が誘われた国際経済犯罪


▼BOOK倶楽部   佐藤 優、加藤陽子、麻木久仁子、穂村 弘

▼新書一点賭け   日垣 隆

▼本屋探訪   佐久間文子

▼今月買った本   斎藤 環

▼ロンドンの古書店を歩く   池谷伊佐夫


▼赤坂太郎 ▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼新聞エンマ帖 ▼オヤジとおふくろ ▼ゴルフ ▼目・耳・口 ▼マガジンラック ▼広告情報館
▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼昭和のことば・鴨下信一 ▼新・養生訓・東嶋和子 ▼悠々山歩き・岩崎元郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼蓋棺録


読者賞発表

昭和の海軍 エリート集団の栄光と失墜(八月号)


昭和天皇 32 女官制度の改革   福田和也

三国志 81   宮城谷昌光

おとなの絵本館 10   あさのあつこ

人声天語 57   坪内祐三


グラビア

モノクロ ▼日本の顔(森光子) ▼同級生交歓

カラー ▼日本美のかたち 50 水仙 ▼昭和の美男 ▼もう一人の家族(十朱幸代) ▼わが街・私の味62那覇・浦添(又吉栄喜) ▼小さな大物(江田五月) ▼文春LOUNGE(魅力あるセカンドライフへの5つの提案/美品名鑑)


短歌……稲葉京子  俳句……堀口星眠  詩……北川 透

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。