2014年11月号

2014年11月号 総力取材 世界の「死に方」と「看取り」
2014年10月10日 発売 / 定価880円(税込)
  • 目次
  • 中吊り広告

アタラクシアへ 日本再生43   立花 隆

嫌だった、嬉しかった   北村 薫

本の裏芸   菊地信義

村瀬二郎先生のこと   阿川尚之

角館の「ハレの日」   乃南アサ

心に響くワインを造りたい   三澤彩奈

作家稼業と戦略思考   伊東 潤

イルカさんとウナギくん   堀江正彦

朝日新聞叩きを越えて 日本人へ138   塩野七生

「健康長寿」医者も薬も信じるな

近藤 誠 
健康診断が私たちを不幸にする

血圧を下げれば死亡率が上がる。脳ドックは無効で有害


いつ、どこで、誰に見守られて死ぬのか
世界の「死に方」と「看取り」
12カ国を徹底比較
   森 健

中国 人気施設「百年待ち」の介護後進国   石井謙一郎

韓国 「儒教の国」の孤独な老人たち   菅野朋子

英国 政府が作った「エンディングノート」   近藤甘奈

アメリカ 「宗教」が看取りの主役に   鳥集 徹


現地ルポ スイス「自殺幇助NGO」死の手助けの現場   桜井 勉

レツゴー三匹・正児 認知症を宣告されて

 柳田邦男全文公開 「吉田調書」書かれなかった重大証言 

◎自民最後の大物が明かす中韓問題と消費税増税
二階俊博 自民新総務会長独占インタビュー


アベノミクスに隠された
竹中平蔵とパソナ南部靖之「政商の権謀」
森 功


ドン・キホーテ安田隆夫会長激白
「安売りの帝王」わが一代記


池井戸潤/織田裕二 ベストセラーとヒットドラマの間

川上未映子/伊藤理佐 子育て妻が不機嫌になるとき

大特集

隠蔽された朝日新聞の「罪と罰」

◎元エース記者が“負の遺産”を告発
朝日新聞が徴税権力に屈した日   元朝日新聞編集委員 落合博実

だから若者は新聞を読まなくなった
上杉 隆  連続インタビュー
杉村太蔵、山本太郎、原田曜平、高橋浩祐、中川淳一郎、壇 蜜、町 亞聖、開沼 博

慰安婦救済を阻んだ日韓メディアの大罪   
元「アジア女性基金」理事 大沼保昭

下村博文文科大臣独白朝日新聞は時代に取り残された


「朝日問題」私はこう考える

27人の洞察

佐々淳行 もみ消された「浅間山荘盗聴事件」
中野剛志 朝日は左翼でもなかった
中野 翠 お嬢さんの正義
養老孟司 大きなウソをつく準備
山折哲雄 義も情も忘れた
徳岡孝夫 辞書に忠実な翻訳
丹羽宇一郎 三倍謝らなければ
ジャスティン・マッカリー 水に落ちた犬は叩くな
鈴木俊彦 朝日は農業もおかしくした
清武英利 叩かれても書き続けよ
勝間和代 誠実な彼らがなぜ
湯浅 誠 自らの大きさを見誤った
真山 仁 正義のおごり
中西輝政 反日の風土病
櫻井よしこ 学ばない人々
鹿島 茂 嘘は広がりやすく消えにくい
城 繁幸 格差会社のダブルスタンダード
荻原博子 違和感だらけの謝罪会見
岸田 秀 送られなかった掲載紙
水木 楊 朝日だけではない傲慢
浜 矩子 良きエコノミスト三つの条件
佐伯啓思 サヨク進歩派の欺瞞
宮崎哲弥 新聞記者の本分を忘れるな
稲田朋美 百人斬り裁判の記憶
高山文彦 記者の言葉が聞きたい
中條高徳 西郷隆盛の遺訓
藤原作弥 朝日に非ずんば新聞に非ず?

父、母が語る「スポーツ界の革命児」

錦織 圭 圭は優しい顔で相手を殺す   錦織清志 

大谷翔平 痩せすぎが心配でした   大谷加代子


◎サル学とDNA研究が解き明かす
人間はどこから来てどこに向うのか
山極寿一 京都大学新総長/福岡伸一


日本企業「寄附の研究」 ビル・ゲイツはなぜ現れないのか   川端 寛

この人の月間日記

椎名 誠 生ビール、ときどき人間ドック

大反響第二弾

◎敗戦、そして人間天皇の苦悩──
「昭和天皇実録」の衝撃 ─戦後篇─
半藤一利/保阪正康/御厨 貴

ワイドショー「いかがわしさの正体」   関西大学東京センター長 竹内 洋

ドキュメント原子力戦争11

「再生可能エネルギー信仰」の嘘   田原総一朗


待望の新連載

桐野夏生 夜の谷を行く
戦後最大の闇「連合赤軍」に挑む


ベストセラーで読む 日本の近現代史・佐藤 優

BOOK倶楽部

鼎談書評 山内昌之×片山杜秀×浜崎洋介 ▼今月買った本 角田光代 ▼著者は語る ▼新書の窓


▼赤坂太郎 ▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼新聞エンマ帖 ▼オヤジとおふくろ ▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼昭和のことば・鴨下信一 ▼新・養生訓・東嶋和子 ▼悠々山歩き・岩崎元郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼蓋棺録 ▼マガジンラック ▼広告情報館 ▼ゴルフ ▼目・耳・口


新世界地政学39   船橋洋一

人声天語137   坪内祐三

文字に美はありや11   伊集院静


グラビア

▼日本の顔(役所広司) ▼同級生交歓 ▼中野京子の名画が語る西洋史28(「敗軍の将をいたわる」) ▼「松下 真々庵」の静寂/アルマ望遠鏡 ▼もう一人の家族94  前田 吟 ▼名作×名食29(江國香織) ▼小さな大物(高橋克彦) ▼文春ラウンジ(健康力15/ニュースセンサー)


短歌 花山多佳子    俳句 高野ムツオ    詩 新藤凉子

雑誌を購入する

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。