2008年8月号

2008年8月号 皇太子、雅子妃  両殿下への手紙 ― 批判の嵐の中で
2008年7月10日 発売 / 定価710円(税込)

わたくし眼日記 葭の髄から 136   阿川弘之

プーさんの鼻のララバイ   俵 万智

夢枕に立った日本兵   チューチャイ・チョムタワット

「こころの鎖国」を憂う   佐々木隆

犬の言葉   澤本嘉光

ドアラのベストセラー   石黒哲男

女子アナという生きもの   吉川美代子

答その一「よく分からない」   村松友視

伝統   森 武生

福田首相のローマの一日 日本人へ 63   塩野七生


批判の嵐にさらされる東宮一家。 孤立無援の両殿下は今、何をなすべきか――
皇太子、雅子妃 両殿下への手紙
保阪正康/友納尚子/斎藤 環/福田和也/猪瀬直樹/茂木健一郎


緊急寄稿 秋葉原通り魔事件

若者よ、殺人犯を英雄にするな   重松 清


◎社会保障費一兆一千億円カットの衝撃
貧困大国ニッポン――ホワイトカラーも没落する   湯浅 誠
もう限界だ。このままでは社会の土台が崩れる


環境サミット 日本敗れたり   櫻井よしこ/松井孝典

世界に猛毒をばらまく米国経済   J・E・スティグリッツ

コメまで高騰 我々の食を守れ   荻原博子


創価学会が脅えた私の「極秘メモ」   矢野絢也
――元公明党委員長の告発手記


エコ予算一兆円が喰い潰される   若林亜紀

中川と前原が企む「危険なゲーム」   赤坂太郎

総力特集 医療崩壊を越えて

ドキュメント

奇跡の病院 理想の医師   吉原清児

1 リハビリ病院 長嶋、オシム復活の秘密

2 がん消滅 重粒子線治療の凄さ

3 救急医療 “走るER”ドクターカーの実力

4 婦人科がん 手術しても赤ちゃんが産める

5 在宅ホスピス 「大往生」を導く看取り


がん宣告「余命十九カ月」の記録   戸塚洋二/立花 隆
ノーベル賞に最も近い物理学者が闘う生と死のドラマ

これががん予防の「生活六か条」――名医に50問50答   津金昌一郎 聞き手・東嶋和子

◎武警将校の手記を入手
四川大地震 略奪と暴行の地獄絵   富坂 聰

「居酒屋タクシー」をスクープして   比護義則


死者三億人「新型ウイルス」に備えよ   石原慎太郎/田代眞人/田代博嗣


永世名人誕生 この一手に震えた   羽生善治

妻・曾野綾子がうつに罹ったとき   三浦朱門


検証・NHK特集番組

零戦の敗因 海軍悪玉説は誤りだ   清水政彦


「京味」十二か月 5「奥のある味」とは?   平岩弓枝/西健一郎

インテリジェンス交渉術   佐藤 優
――意地悪も人心掌握術


運命の人 大反響第二部   山崎豊子


▼BOOK倶楽部   猪木武徳、佐藤 優、穂村 弘、本郷和人

▼新書三昧   水木 楊

▼本屋探訪   佐久間文子

▼今月買った本   成毛 眞


▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼新聞エンマ帖 ▼オヤジとおふくろ ▼ゴルフ >▼目・耳・口 ▼マガジンラック ▼広告情報館
▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼昭和のことば・鴨下信一 ▼新・養生訓・東嶋和子 ▼悠々山歩き・岩崎元郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼蓋棺録


昭和天皇 38 浜口雄幸狙撃   福田和也

三国志 87   宮城谷昌光

おとなの絵本館 16   あさのあつこ

人声天語 63   坪内祐三


グラビア

モノクロ ▼日本の顔(石岡瑛子) ▼同級生交歓

カラー ▼日本美のかたち 56 向日葵 ▼食の都・庄内の四季 ▼まだ見ぬ中国 シルクロード編 ▼もう一人の家族(宍戸 錠) ▼「京味」十二か月 5 ▼小さな大物(草刈正雄) ▼文春LOUNGE(シーンとデザインで選ぶアイウェア/五感で選ぶクルマ/美品名鑑)


短歌……柳澤桂子  俳句……小澤 實  詩……加島祥造

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。