2015年新年特大号

2015年新年特大号 完全保存版 戦後70年記念特大号
2014年12月10日 発売 / 特別定価930円(税込)
  • 目次
  • 中吊り広告

禍と恵みと 日本再生45   立花 隆

小説家の正月   浅田次郎

ポルトガルからの朗報   藤原正彦

昆虫からヒトを知ること   丸山宗利

その年の「寅さん」   高田 郁

陛下の赤い自転車   四ノ宮千春

「漢奸」と呼ばれて   王 立銘

古典学徒の矜持 田中美知太郎を読む   若松英輔

中国に行ってきました 日本人へ140   塩野七生

病床で最後の力を振り絞って綴られた

高倉 健 最期の手記

編集部に届けられた手記は、諸行無常で始まり、合掌で終わっていた──


特別寄稿49枚
沢木耕太郎 深い海の底に─高倉さんの死

◎御所で見つかった“小さな詩集”を独占公開
美智子さまが訳された英詩のこころ
前侍従長 渡邉 允

司馬遼太郎・福田みどり
「けったいな夫婦」37年の愛情秘話
司馬遼太郎記念館館長 上村洋行 


延命しかない解散は日本政治史の禍根となる
安倍総理よ、驕るなかれ   元東京大学総長 佐々木毅

連続インタビュー

野田佳彦 大義なき私欲の宰相
谷垣禎一 総理に示した解散の条件

「第三次安倍政権」はどうなる?   御厨 貴/後藤謙次/宮家邦彦

公明党、創価学会「代替わり」のキーマン   高橋篤史と本誌編集部


◎知られざる国境防衛の「真実」2
北海道を射程に入れるロシア軍の大増強   麻生 幾

「虚構の成長戦略」資本主義は死んだ   水野和夫

歴史座談会
新しい信長像 そのカリスマと狂気   高橋英樹/伊東 潤/本郷和人

完全保存版

戦後70年「70人の証言」
激動の時代に歴史の扉を未来へ押しあけた人々

東京裁判 ▼A級戦犯の父を失った家族の戦後   木村太郎
日本国憲法 ▼昭和天皇はどうご覧になったか   保阪正康


一九五〇年代

「太陽の季節」 ▼芥川賞は俺が有名にした   石原慎太郎
美智子さまご成婚 ▼アイゼンハワーからの贈り物   石井妙子
テレビ事始め ▼草創期の試行錯誤   小林信彦
講和会議 ▼福田恆存が抱いた危惧   浜崎洋介
八幡製鉄所 ▼炎が天を焦がした高度成長   村田喜代子

一九六〇年代

東京五輪 ▼天皇の「お声」を拾え   中島平太郎
新幹線開業 ▼通達に背いた時速二百十キロ   大石和太郎
安保闘争 ▼丸山眞男の誤算   中野 雄
てんぷくトリオ ▼お茶の間の人気者誕生   伊東四朗
所得倍増 ▼下村治が考えた成長戦略   堀内行蔵
力道山刺殺 ▼ニューラテンクォーター元社長の初証言   松田美智子
深夜ラジオ ▼若者三百万人真夜中の熱狂   齋藤安弘
日中国交正常化 ▼外務官僚を魅了した田中角栄   井上寿一
東大紛争 ▼暴力学生の捕虜になった私   平川祐弘
国鉄ダイヤ大改正 ▼ディーゼル車から電車へ   原 武史

一九七〇年代

三島由紀夫自刃 ▼介錯した男の後半生   高山文彦
あさま山荘事件 ▼福島原発事故との共通点   佐々淳行
巨人軍V9 ▼「勝つ、勝つ、勝つ」の必勝精神   長嶋茂雄
A級戦犯合祀 ▼祖父、廣田弘毅合祀への違和感   廣田弘太郎
川端康成自死 ▼断れなかった依頼   川端香男里
有吉佐和子「恍惚の人」 ▼母が意識した「忍び寄る老い」   有吉玉青
横井庄一 ▼「戦後の日本は空中楼閣だ」   横井美保子
沖縄返還 ▼「密約」は必要悪だった   渡邉昭夫
大阪万博 ▼三十年後の「明暗」   堺屋太一
ボウリングブーム ▼わが永遠の好敵手   中山律子
田中金脈研究 ▼五十六億円が乱れ飛んだ総裁選   立花 隆
江川卓「空白の一日」 ▼阪神はなぜ協力したのか   平井隆司

一九八〇年代

天皇崩御 ▼侍医が看取った最期の日々   伊東貞三
山一抗争 ▼内部抗争で変質した山口組   溝口 敦
リクルート事件 ▼夫、浩正を変えた政治と不動産   江副 碧
フジ視聴率三冠王 ▼新しく、面白く、珍しく   日枝 久
角栄vs竹下登 ▼「おれがもう一度やってからにしろ」   後藤謙次
大河ドラマ黄金時代 ▼二度の主役で削った命   三田佳子
東西冷戦 ▼レーガンを驚かせた中曽根構想   山崎 拓
グリコ・森永事件 ▼キツネ目の男vs七人の刑事   藤原 健
吉本興業東京進出 ▼紳助とさんまのおかげです   大崎 洋
米賞金女王 ▼なぜ国民栄誉賞を断ったのか   岡本綾子
藤子不二雄 ▼突然切り出されたFとの別れ   藤子不二雄A
日本株式会社 ▼繁栄を支えた「中興の祖」   高杉 良

一九九〇年代

バブル崩壊 ▼イトマン事件と尾上縫の「後遺症」   森 功
Jリーグ開幕 ▼サッカーバブルが残した“遺産”   三浦知良
日米経済摩擦 ▼TPP交渉への教訓   榊原英資
平成の鬼平 ▼三重野康日銀総裁の怒りと嘆き   軽部謙介
「昭和天皇独白録」 ▼二つの祖国に伝えたいこと   マリコ・テラサキ・ミラー
江藤淳自殺 ▼編集者と最後の対話   平山周吉

二〇〇〇年代

皇室の動揺 ▼三民間妃が問いかけるもの   福田和也
横田早紀江さん独白 ▼娘、めぐみにかけてあげたい言葉   石高健次
孫正義の出現 ▼グリグリとエグいことができる人   堀江貴文
法廷の麻原彰晃 ▼裁判官が見抜いた正気   阿部文洋
ゆとり世代の登場 ▼時代を写す鏡   古市憲寿

二〇一〇年代

「昭和天皇実録」 ▼実録ではわからない私生活のお姿   牧野名助
東日本大震災 ▼福島を生ける屍にするな   開沼 博
スカイツリーと東京駅 ▼平成の職人魂、ここにあり   田辺 潔/上浪鉄郎


我ら日本人の戦後史   半藤一利×宮城谷昌光

西村京太郎 敗戦の年の将校生徒

プロ野球忘れられない「引退の名セリフ」   鷲田 康

渡辺美智雄、喜美 父子二代に仕えて   田中良幸

厳選「日本のいい店、うまい店!」   マッキー牧元/「東京いい店 うまい店」編集部


独占手記
元朝日新聞記者  植村 隆 売国報道に反論する
慰安婦問題「捏造記者」と呼ばれて

我々はなぜこの手記を掲載したのか   本誌編集部


BOOK倶楽部 特別篇

戦後の名著 「わたしのベスト3」


ベストセラーで読む日本の近現代史・佐藤 優

▼赤坂太郎 ▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼新聞エンマ帖 ▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼昭和のことば・鴨下信一 ▼新・養生訓・東嶋和子 ▼悠々山歩き・岩崎元郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼蓋棺録 ▼マガジンラック ▼広告情報館 ▼目・耳・口


新世界地政学41   船橋洋一

人声天語139   坪内祐三

文字に美はありや13   伊集院静

好評新連載 夜の谷を行く3   桐野夏生


グラビア

戦後七十年特別企画 日本の笑顔
▼名作×名食31(池井戸潤) ▼文春ラウンジ(山崎努 俳優にとって眠りとは/健康力16/ニュースセンサー)


短歌 高野公彦   俳句 井上弘美   詩 松浦寿輝

雑誌を購入する

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。