同級生交歓 文藝春秋 掲載記事

大阪府立三国丘高等学校

久坂部羊 (作家)

大阪・吹田市 大阪大学医学部附属病院にて(撮影 本社・鈴木七絵)
(右から)
  • 大阪大学大学院教授
    澤芳樹
  • 作家
    久坂部羊(久家義之)

 母校は堺市の府立三国丘高校。澤と久坂部は一年と三年で同じクラスで、ともに医学部を目指し、ともに阪大医学部に進学し(久坂部は一年遅れ)、かつ二人は誕生日も同じという奇しき縁がある。受験を控えた高三の文化祭では、クラスで8ミリのヤクザ映画を制作し、澤が監督、久坂部が主演という熱の入れようだった。

 澤が心臓外科医になり、教授選を控えた二○○五年、久坂部の小説『破裂』がモデル問題を起こし、あわや妨害工作と見なされかけた。久坂部は青くなったが、澤は無事、教授に就任。以後の活躍は周知の通り。細胞シートによる心筋の再生治療や、日本初の心肺同時移植、少年から少年への心臓移植などを成功させ、研究のみならず、実際に患者を救う治療で数々の実績を挙げている。拙作が引き起こしたプチ『白い巨塔』騒ぎ。“たかが小説”で終わって、ほんとうによかった。

久坂部 羊

この記事の掲載号

2015年2月新春号
2015年2月新春号
読者投稿 素晴らしき高度成長時代
2015年1月10日 発売 / 定価880円(税込)
関連ワード

澤 芳樹久坂部 羊久家 義之

人の新着記事 一覧を見る RSS

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。