2009年6月号

2009年6月号 「4年で4人」 総理の通信簿
2009年5月11日 発売 / 定価750円(税込)
  • 目次
  • 中吊り広告

時は過ぎ行く 葭の髄から 146   阿川弘之

往復書簡という合作   大庭利雄

アブ・シンベルのヤツガシラ   高橋 紘

『つみきのいえ』のこと   加藤久仁生

「百年に一度の危機」と渋澤栄一   渋澤 健

吉田茂邸の思い出   吉田 章

最初で最後のワンポイントガイド   小菅正夫

最高のシューズ工房を夢見て   三村仁司

胎児と祖母の物語   村田喜代子

地震国・日本ができること日本人へ 73   塩野七生


4年で4人 民意は「政権交代」
総理の通信簿   御厨 貴/片山善博/田崎史郎
「郵政解散」大勝利から4年。もはや自民政権は限界だ

総選挙緊急予測

麻生か小沢か「勝利の条件」   遠藤浩一


ワシントン報告

金正日が企む「新たな危機ゲーム」   櫻井よしこ

総力特集

日本経済の勝ち方
こんな時代だからこそ、日本の技術を活かせ

恐慌突破は電気自動車とソーラー   益子 修/村沢義久

今こそ盛田昭夫を再評価せよ   大前研一

直江兼続のリストラ術に学べ   火坂雅志

ニューディール政策「復習ノート」   竹森俊平

次なる金融危機は欧州から始まる   金融マン匿名座談会

「五月解散」菅 VS.大島の暗闘   赤坂太郎


法隆寺は燃やされた   武澤秀一
ここまでわかった世界遺産

識者34人の知恵袋

枕頭の歴史書「人物との対話」


吉本隆明 身近な良寛

高島俊男 テロリスト松陰

葛西敬之 山県有朋の文学的素養

塩川正十郎 度胸者・高田屋嘉兵衛

楊逸 司馬遷の神の手

山折哲雄 クトゥーゾフの退却戦法

佐藤 優 ムッソリーニとファシズム

嘉田由紀子 視覚メディア演出家・信長

渡辺恒雄 ハイデガーへの失望

池内 恵 大歴史家イブン・ハルドゥーン

松平定知 「人たらし」坂本竜馬

佐々淳行 野営のハンニバル

平沼赳夫 杉本鉞子「江戸の教養」

中西輝政 オルドリッチ「諜報とは何か」

内橋克人 タックマンの眼で歴史を見れば

岸田 秀 恨まれた大久保利通

堺屋太一 陳 舜臣と「物識りゲーム」

保阪正康 テオプラストスの「人間観察」

中村富十郎 「白鷹伝説」聖徳太子

湯浅 誠 中野重治「人間の手触り」

日野原重明 わが師・シュヴァイツアー

呉 智英 諜者・石光真清が見た近代

三浦佑之 手塚治虫「古代史のリアリティ」

西木正明 悪玉・松岡洋右の真実

養老孟司 荻生徂徠「書物の中の中国」

黒鉄ヒロシ フロイスのタイムマシン

古井由吉 ティベリウス帝「権力者の修辞」

南 伸坊 食い意地の張った家康

森永卓郎 民衆を愛した親鸞

川勝平太 藤原鎌足の謎を解く鍵

橋本大二郎 血が騒ぐ西郷の言葉

藤原作弥 祖父・相之助の「戊辰戦争」

小堀桂一郎 慈円が拓いた「道理の世紀」

江夏 豊 土方歳三に惚れた

両陛下と歩んだ我らの50年   篠沢秀夫/田久保忠衛/牧阿佐美/森村誠一/藤本義一

「介護」は第二のハネムーン   小山明子/野坂暘子


イチローと日本人 侍の原点   関川夏央
韓国とアメリカを凌駕した大人のナショナリズム

「持っている男」の名言録   石田雄太


逆転無罪手記

「痴漢逮捕」の汚名を着せられて   名倉正博

正しい「二世の育て方」   鹿島 茂

まったり「低山歩き」のすすめ   小林泰彦


『運命の人』と私   山崎豊子
沖縄への旅が私を変えた――この作品に心血を注いだ十年間


頭痛50問50答 痛みを甘くみるな   清水俊彦 聞き手・東嶋和子


名著講義 8 無着成恭編『山びこ学校』   藤原正彦


大宅壮一ノンフィクション賞
[選評]藤原作弥・柳田邦男・関川夏央・西木正明・猪瀬直樹・立花 隆


▼BOOK倶楽部   佐藤 優、猪木武徳、佐倉統、本郷和人

▼新書三昧   水木 楊

▼本屋探訪   佐久間文子

▼今月買った本   野口悠紀雄


▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼新聞エンマ帖 ▼オヤジとおふくろ ▼ゴルフ ▼目・耳・口 ▼マガジンラック ▼広告情報館
▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼昭和のことば・鴨下信一 ▼新・養生訓・東嶋和子 ▼悠々山歩き・岩崎元郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼蓋棺録


昭和天皇 48 帝人事件   福田和也

三国志 97   宮城谷昌光

おとなの絵本館 26   あさのあつこ

人声天語 73   坪内祐三


グラビア

モノクロ ▼日本の顔(寺島実郎) ▼同級生交歓

カラー ▼日本美のかたち 66道 ▼屋久島 饗宴の季節 ▼アジアに抱かれる 6(高樹のぶ子) ▼もう一人の家族(藤田弓子) ▼新連載美食美術館 1(東京国立近代美術館) ▼小さな大物(秋元 康) ▼文春LOUNGE(NEWS SENSOR)


短歌……伊藤一彦  俳句……有馬朗人  詩……平田俊子

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。