同級生交歓 文藝春秋 掲載記事

福岡県立小倉高校

松尾徹 (読売新聞大阪本社総務経理局顧問・讀賣テレビ放送顧問)

福岡・北九州市 小倉高校にて(撮影 本社・白澤正)
(右から)
  • 青山学院大学国際政治経済学部特任教授
    白川方明
  • 櫻の森通信社代表
    柴田良一
  • 陶芸家
    濵田正明

  • 弁護士
    中川克己
  • 元東筑紫学園法人事務局次長
    松下千尋

  • 東燃ゼネラル石油研究奨励・奨学財団関西地区担当
    松野元治
  • 元オリックスキャピタルコリア会長
    鈴木達朗

  • 共同通信社編集委員
    立花珠樹
  • 読売新聞大阪本社総務経理局顧問・讀賣テレビ放送顧問
    松尾徹

「文武両道」「質実剛健」が校風の福岡県立小倉高校。昭和四十三年の卒業生は団塊世代とあって六百人を超えた。男子クラスのわが三年九組は悪童が多く、担任の山中英彦先生は学年主任にこういわれた。「まぁ白川がいるから」。その白川は東大から日本銀行。総裁在任中はリーマンショックなど数々の危機を乗り越えた。頭脳明晰で人格者の彼は「永遠の級長」だ。

 早大を卒業後、松本清張も通った老舗の書店「金榮堂」を継いだ柴田は小倉で自費出版本を企画・制作。上智大に進んだ濵田は門司の「濱田窯」で、奥さんと温かみのある陶器を焼いている。生徒会書記長で「丸刈り反対」などを叫び京大に入った中川は、大阪で経営者側の弁護士に。ひょうきんで人気者、高知大で柔道部の主将を務めた松下は今では「地元の級長さん」。女婿の池元友樹はサッカーJ1、松本山雅のFWだ。

 松野は野球部の四番打者。四十一年春の甲子園で準々決勝まで進み、早大でも神宮で活躍した。一橋大に入学した三人は鈴木がオリックス、立花と松尾がマスコミに。バブル期に三人揃ってアメリカに駐在した。鈴木は一昨年、韓国から戻り、お遍路歩きを一年がかりで終えた。立花は七月に女優の若尾文子のインタビュー本を出した。映画の本は五冊目だ。数学の授業中に迷い込んだ子犬を可愛がって往復ビンタをくらった松尾にとっては、いささか窮屈な高校だったが、なぜか友情は続いている。

松尾 徹

この記事の掲載号

2015年8月号
2015年8月号
巨弾特集 戦後70年 崩壊する神話
2015年7月10日 発売 / 定価880円(税込)
関連ワード

白川 方明柴田 良一濵田 正明中川 克己松下 千尋松野 元治鈴木 達朗立花 珠樹松尾 徹

人の新着記事 一覧を見る RSS

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。