2010年6月号

2010年6月号 [オバマの決断] 爾後、鳩山政権ヲ対手トセズ
2010年5月10日 発売 / 特別定価760円(税込)
  • 目次
  • 中吊り広告

水交座談会―その七― 葭の髄から158   阿川弘之

イサム・ノグチの「広島慰霊碑(セノターフ)」   磯崎 新

時を飛び越える一枚の写真   ペギー葉山

オリンピックの入場式はこのままでいいのか   東海林さだお

ハメをはずす   湯本香樹実

ブログがつないだ日米の絆   ジェームス・P・ズムワルト

タクヤにかけた夢   清武英利

保田與重郎生誕百年に想う   前田英樹

「ゲゲゲの女房」奮戦記   松下奈緒

日本には、ほんとうの情報は届いているのか 日本人へ85   塩野七生

総力特集 鳩山民主「批判の核心」

ワシントン深層ルポ

「普天間移転」オバマの決断
爾後、鳩山政権ヲ対手トセズ
浦上 隆&チーム・キャピトルヒル
ホワイトハウスの中枢四人組はついに鳩山政権を見放した


「子ども手当」は地方自治の仇   松沢成文

「郵政国有化」で再び失われる十年   竹中平蔵

小沢の狙いは旧道路公団の復活だ   猪瀬直樹

前名護市長「鳩山さんよ 沖縄に来え」   聞き手・佐野眞一


ANA社長の決意

JAL「ルールなき再建」は許されない   伊東信一郎

これが日本経済最終手術プランだ   野口悠紀雄×伊藤元重×小幡 績


大宅賞40周年記念特別企画

足るを知るひと

スタインウェイを偏愛す   後藤正治

「特攻生き残り」長すぎた余生   梯久美子

バイオで復活した酒蔵の五代目   野村 進

熊本で世界を描く万年書生   高山文彦

「神の島」で不登校児を育てる   奥野修司


台風の目はみんなの党か舛添か   赤坂太郎


富士通元社長独占手記

仕組まれた、わが解任劇   野副州旦
査問、強制入院、二億七千万円の口止め料――前代未聞の解任劇からの二百日


「大阪万博」と「上海万博」   堺屋太一

自民党再生は「小泉路線」完遂にあり   河野太郎

誰が「経団連」を殺したか 岩崎弥太郎から奥田碩まで   菊池信輝


古希インタビュー

王貞治が初めて語った「国籍」「長嶋茂雄」   松下茂典


追悼

こまつ座が見た井上ひさし   井上麻矢×栗山民也×辻 萬長

「生きる力」藤沢周平この三作   児玉 清×杉本章子×遠藤展子


グーグル秘録「メディアの破壊者」   ケン・オーレッタ


さよなら 私たちの歌舞伎座   坂東三津五郎×山川静夫×平岩弓枝

なぜ日本人指揮官は勝てないのか   イビチャ・オシム


特別企画

家族を守る医療


夫婦でつむぐ難病「ALS介護」の記録   篠沢秀夫・礼子

「がん家系」か「非がん家系」か   東嶋和子

先端医療を気軽に受けられるクリニック   吉原清児

がん「お金の心配」をしないために   塩田芳享

「かかりつけ医」を探す三ヵ条   長田昭二

家族の「うつ病」サインを見逃すな   高橋祥友

体験ルポ

「不妊治療」のタブー   須藤みか

新代表的日本人 4 大田垣蓮月   磯田道史


第41回大宅壮一ノンフィクション賞

[選評] 立花 隆・猪瀬直樹・藤原作弥・西木正明・関川夏央・柳田邦男


▼BOOK倶楽部   重松 清、麻木久仁子、梅田望夫、高島俊男

▼今月買った本   野口悠紀雄

▼「新書」に聞く   外山ひとみ

▼雑誌探訪   永江 朗

▼古典でしか世界は読めない   佐藤 優


▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼新聞エンマ帖 ▼オヤジとおふくろ ▼ゴルフ ▼目・耳・口 ▼マガジンラック ▼広告情報館
▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼昭和のことば・鴨下信一 ▼新・養生訓・東嶋和子 ▼悠々山歩き・岩崎元郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼蓋棺録


天上紅蓮 11   渡辺淳一

昭和天皇 60 国民政府ヲ対手トセズ   福田和也

三国志 109   宮城谷昌光

おとなの絵本館 38   あさのあつこ

人声天語 85   坪内祐三


グラビア

モノクロ ▼日本の顔(沢木耕太郎) ▼同級生交歓

カラー ▼昭和逍遥 6(荒木経惟) ▼鶴岡市立藤沢周平記念館 ▼アジアに抱かれる 8(高樹のぶ子) ▼もう一人の家族(鹿島茂) ▼美食美術館 13(川村記念美術館) ▼小さな大物(杉山 愛) ▼文春LOUNGE(メタボ予防にはエクササイズで脂肪燃焼を)


短歌……谷岡亜紀  俳句……西村和子  詩……藤本敦子

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。