2005年9月特別号

2005年9月特別号 芥川賞発表 受賞作全文掲載
2005年8月10日 発売 / 特別定価790円(税込)

江戸城大奥 葭の髄から101  阿川弘之

戦後日本のカラー写真   細田博之

幻の海軍慰問雑誌   橋本健午

「笑点」の四十年   桂 歌丸

単独無寄港世界一周   斉藤 実

みゆき族集合!   町田 忍

十二歳のシャンプーボーイ   トニータナカ

無書籍家庭今昔   鹿島 茂

三島由紀夫の予言   牛島 信

歴史認識の共有、について 日本人へ 28  塩野七生


連続インタビュー

ポスト小泉の資格を問う── 聞き手・宮崎哲弥

 中国にも米国にも「ノー」を 安倍晋三

 独裁者はもういらない 野田聖子

 変人総理は歴史に名を残す 麻生太郎

 小泉純一郎は何をぶっ壊した 後藤謙次/御厨 貴/古井由吉


靖国参拝 総理に贈る孔子の教え 宇野精一

奥田碩「財界総理」の猛語録 阿部和義

“ミスター税調”増税案を叱る 加藤 寛

完全保存版

運命の八月十五日 56人の証言
ついに明かされる新事実、秘話、語り継がれる体験談

60年目の「日本のいちばん長い日」  半藤一利

▼玉音放送までの若しかった日々   三笠宮崇仁

▼祖父・鈴木貫太郎邸に反乱軍が   鈴木哲太郎

▼「平沼を逮捕しろ」の叫び声   平沼赳夫

▼「終戦工作」迫水久常の懐に青酸カリ   迫水万亀

▼玉音盤奪取の偽師団長命令   北畠暢男

▼十五日正午、緊迫の NHK放送案   近藤富枝

▼その時皇太子殿下はおひとりで   眞田尚裕

▼「肉攻」とシベリア抑留   梅澤正之進

▼三日後ソ連軍が攻めてきた   長島 厚

▼あの戦争に思うこと旧皇族として   久邇邦昭

▼戦車隊決起を促した戦友   土門周平

▼自裁した友の最後の挨拶   後藤田正晴

▼「天皇陛下、先頭に立たる」  小林庄一郎

▼海軍参謀、機密書類を燃やす   吉田俊雄

▼三国同盟歌舞伎を演じた頃   中村鴈治郎

▼長崎原爆で悪魔の光を見た   美輪明宏

▼安倍能成一高校長の言葉   三重野康

▼陸軍パイロット最後の飛行   猿谷 要

▼バルザックを読む陸軍二等兵   双葉十三郎

▼「寝巻でねていいよ」の電話   森 光子

▼カルピスと満州引き揚げ   秋吉敏子

▼父・平泉澄の机に置かれた写真   平泉 渉

▼フジヤマのトビウオ、多摩川で泳ぐ   古橋広之進

▼特攻で死んだ兄と手榴弾   杉下 茂

▼軍国少年の寄席恋慕   小沢昭一

▼長いトンネルの終り   佐藤愛子

「国賊来たる」と言われた時代   白川 静

両陛下に奏したサイパンの悲劇   
大池清一/宜野座朝憲/勝間周作/保阪正康

▼わが終戦記念口は二十九年後   小野田寛郎

▼父は「軍神」と呼ばれた   杉本正忠

▼“一銭五厘 ”の海軍練習生   城山三郎

▼八月の空にスキップ   渡辺淳一

▼先生は切腹しなかった   永 六輔

▼切腹を止めさせた大西少尉   野中広務

▼終戦ではなく本土決戦か   土井たか子

▼東条英機のものまね演説   河合隼雄

▼劉少奇夫人が見た歓喜の北京   王光美

▼父ニミッツ提督の指令   A・ニミッツ

▼歓声をあげながら天空へ発砲   F・ギブニー

▼日本人捕虜の目に浮かんだ涙   D・キーン

▼憲法草案作成に携わるまで   B・S・ゴードン

▼帝国ホテルが“宿舎”になった   犬丸一郎

▼陸軍中将の父を納骨して   磯村尚徳

▼一億玉砕からマッカーサー万歳へ   養老孟司

▼手造りの棺で父を見送る   多湖 輝

▼竹槍で米兵を殺そうと   橋田壽賀子

▼沖縄行きの船は来なかった   榊 莫山

▼糖尿病が軍隊で治った   竹本住大夫

▼「やっと戦争が終わった」   妹尾河童

▼名も十字架も奪われて   日野原重明

▼特攻隊員と歌った「同期の桜」   高峰秀子

▼昼火垂 野坂昭如

▼慰問の日々に三度の大空襲   田端義夫

▼GHQで会ったマッカーサー   丹波哲郎

東京帝国大学が敗れた日   立花 隆

理想の晩節 小倉昌男の引き際   水木 楊

日銀総裁 わがデフレとの戦い   福井俊彦

創設七十周年

第133回 芥川賞発表
虐待と暴力に曝された子供は今―― 祈りと再生の物語。
二十七歳の新星誕生!
「土の中の子供」   中村文則

選評……黒井千次、石原慎太郎、山田詠美、村上 龍、河野多恵子、宮本 輝、池澤夏樹、高樹のぶ子

落語ブームなんて知らねェ 立川談志/宮藤官久郎

世界一わかりやすい税の話 細野真宏


◎引退から二十五年、三浦友和が初めて明かす
妻・山口百恵の真実 奥野修司


新連載評伝 昭和天皇(3)養育先へ 福田和也

「心の貌(かたち)昭和事件史発掘」(5) 山一日銀特融エリートの甘え 
柳田邦男/江上 剛/鈴木 隆

運命の人(9)ついに女性事務官が 山崎豊子


●BOOK倶楽部 穂村弘、佐藤優、猪木武徳、加藤陽子

●新書一点賭け 日垣 隆

●本屋探訪 佐久間文子

●今月買った本 恩田 陸


●丸の内コンフィデンシャル●霞が関コンフィデンシャル●赤坂太郎●映画漫歩●オヤジとおふくろ●百花事典●広告情報館●マガジンラック●考えるパズル●新聞エンマ帖●噺家伝●棋士済々●ゴルフ●目・耳・口●三人の卓子●詰将棋・詰碁●蓋棺録


三国志(52)宮城谷昌光

古事記を旅する(11)三浦佑之

人声天語(28)坪内祐三


グラビア

▼日本の顔(大沢在昌)▼戦時ポスター美術館▼同級生交歓■カラー▼日本美のかたち21 夕立▼英国ファンタジーの世界▼追憶の美食13▼わが街・私の味33 琵琶湖(田原総一朗)▼小さな大物(辰巳芳子)▼文春LOUNGE(笑顔で学ぶおとなの学校/News Sensor/スーツを脱いで、休日クルーズ/WATCH標本箱)


短歌 矢部雅之  俳句 辻村麻乃  詩 田 原

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。