2016年3月特別号

2016年3月特別号 芥川賞発表 受賞作二作全文掲載
2016年2月10日 発売 / 特別定価930円(税込)
  • 目次
  • 中吊り広告

安倍一強時代の陥穽 日本再生58   立花 隆

五十歳と、放浪の画家   磯﨑憲一郎

本当の真田丸を探して   千田嘉博

出前映画、お届けします   松方弘樹

からくれなゐのモンシェリ   北村 薫

すべてがそこではじまった   水沢 勉

京都人のあしらいぶり   井上章一

夫・遠山一行が遺したもの   遠山慶子

消費税も頭の使いよう 日本人へ154   塩野七生

「置かれた場所で咲きなさい」著者が初めて明かす

九歳の時に目の前で銃弾を浴びた陸軍大将の父。
私は五十年後に初めて青年将校の弟に会った――
2.26事件 娘の八十年

(ノートルダム清心学園理事長)渡辺和子
聞き手・保阪正康

テロはなぜ起きるのか。今こそ昭和史を学び直せ
「新しい戦争」と日本軍の教訓   半藤一利×佐藤 優

世界の敵はイスラム恐怖症だ   エマニュエル・トッド


中国経済まだまだ悪くなる   (富士通総研主席研究員)柯隆

日韓慰安婦合意 朝日新聞の欺瞞   (元朝日記者)長谷川熙 西岡 力

北核実験 朴槿恵の怒りが止まらない   小武定彦

第154回 芥川賞発表

異類婚姻譚(いるいこんいんたん)
本谷有希子(もとやゆきこ)
顔がそっくりになっていく夫婦の結末とは?
インタビュー 女優、劇作家、そして一児の母


死んでいない者
滝口悠生
(たきぐちゆうしょう)
通夜に集う親族たちの人間模様が交錯する
インタビュー 高卒フリーターから文学の道へ


選評

宮本 輝、小川洋子、奥泉 光、山田詠美、島田雅彦、髙樹のぶ子、川上弘美、堀江敏幸、村上 龍

大型企画 生きる意味を教えてくれる

88人の「最期の言葉」

後藤健二 「責任は私自身にあります」
田中好子 「もっと女優を続けたかった」
梨元 勝 「恐いんだ、恐いんだ」
小野田寛郎 「命は天に在り、躰は吾に在り」
やなせたかし 「消えていくでござる」
川島なお美 「再婚はしないでね」
円谷幸吉 「美味しうございました」
吉村 昭 「自然死を望みます」
田宮高麿 「あとどれだけ活動できるんや」
逸見政孝 「五分五分の生死である」
手塚治虫 「仕事をさせてくれ」
白洲次郎 「葬式無用 戒名不用」
石原裕次郎 「人生耐えることなのよ」
淀川長治 「終わらない映画はない」
尾崎 豊 「さようなら 私は夢見ます」
青島幸男 「ビールでも飲もうか」
田宮二郎 「なむあみだぶつ、さようなら」
宮崎邦次 「素晴らしい銀行になる」
筑紫哲也 「頼りは好奇心か」
美空ひばり 「昭和のひばりは、強かった!」
河野裕子 「あなたひとりを数ふ」
井上ひさし 「過去は泣きつづけている」
江藤 淳 「自ら処決して形骸を断ずる」
古今亭志ん生 「なんか一席やりますか」
後藤田正晴 「職業を間違えた」
樺美智子 「勉強する時間が欲しい」
昭和天皇 「音たえてさびしうつりしならむ」
菊池 寛 「ただ皇国の隆昌を祈るのみ」
松下幸之助 「できないことはない」
池田勇人 「だんだん意識が遠くなる」
青木雄二 「死ぬことなど怖くはない」
白川 静 「あの字は何と書いてあるんや?」

色川武大  戸塚洋二  奥 克彦  杉原輝雄  細川 宏  佐々木功
宮崎恭子  城山三郎  木田 元  新井将敬  井上 靖  宇江佐真理
藤沢秀行  山本夏彦  松田優作  中沢啓治  和田 勉  植村直己
折笠美秋  梅棹忠夫  五味康祐  火野葦平  乙羽信子  大河内清輝
千住文子  佐野洋子  村山 聖  武満 徹  小島政二郎  河口博次
山本七平  五島 昇  杉山登志  川上宗薫  山口 瞳  長尾宜子
松本清張  江國 滋  米長邦雄  山田風太郎   松浦 巌  島田三敬
寺山修司  山田康雄  湯川秀樹  太宰 治  一ノ瀬泰造  橋田信介
鮎川信夫  中上健次  山崎晃嗣  向田邦子  伊藤栄樹  中野孝次
古山高麗雄  金子哲雄


読者投稿

私の大切な人の「遺言」

座談会

人生の終わりに何を遺すべきか
平岩弓枝/柳田邦男/梯久美子

遺族の手記

野坂の舟唄を聴きながら   夫人 野坂暘子
阿川弘之の末っ子として   三男 阿川淳之

◎急逝したジャーナリストの遺稿
がんになってよかった100のこと   竹田圭吾 

10年ぶりの肉声

池上彰が「相場操縦疑惑」を質す
村上世彰 なぜ巨額投資を続けるのか


◎国民的グループをめぐる25年間の暗闘史
SMAPを壊した独裁者メリー
(元週刊文春記者)中村竜太郎


参院選予測 甘利ショックでも自公圧勝   (選挙プランナー)三浦博史

直木賞作家ルポ

東山彰良 台湾総統選と母国の未来

フィリピンBC級戦犯 最後の証言者   早坂 隆

この人の月間日記

吉田 類 下町ロケットのち酒場放浪記


ベストセラーで読む日本の近現代史・佐藤 優

BOOK倶楽部

鼎談書評 山内昌之×片山杜秀×ロバート・キャンベル ▼今月買った本 平松洋子 ▼著者は語る ▼新書の窓


▼赤坂太郎 ▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼新聞エンマ帖 ▼オヤジとおふくろ ▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼昭和のことば・鴨下信一 ▼新・養生訓・東嶋和子 ▼悠々山歩き・岩崎元郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼マガジンラック ▼蓋棺録 ▼広告情報館 ▼ゴルフ ▼目・耳・口


新世界地政学55   船橋洋一

人声天語153   坪内祐三

文字に美はありや27   伊集院静

夜の谷を行く 最終回   桐野夏生

好評新連載 大獄3   葉室 麟


グラビア

▼日本の顔(東儀秀樹) ▼同級生交歓 ▼中野京子の名画が語る西洋史43(「裏切り者はどこに?」) ▼新・東京夜景/百年電車 ▼もう一人の家族109 山田邦子 ▼名作×名食45(松本清張) ▼小さな大物(坂井宏行) ▼文春ラウンジ(春の沖縄/ななつ星/健康力24)


短歌 山田 航   俳句 片山由美子   詩 野木京子

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。