文藝春秋SPECIAL
世界史のなかの戦国時代

【異常気象】小氷河期が戦乱を生んだ

常態化した飢饉が争乱を引き起こし新しい秩序への希求を生み出した

田家 康 (日本気象予報士会東京支部長) プロフィール

たんげ やすし/日本気象予報士会東京支部長
1959年神奈川県生まれ。1981年、横浜国立大学経済学部卒業。農林中央金庫、農林漁業信用基金を経て、現職。著書に『世界史を変えた異常気象』『気候で読み解く日本の歴史』(以上、日本経済新聞出版社)がある。

飢饉が引き起こした土一揆

 一四二〇年代から、冷夏・長雨による飢饉の記録が増えてくる。室町時代前期にあたる一三三〇年代から一四二〇年までの約九〇年間で冷害・長雨に由来する全国的な飢饉は一三五六年、一三九〇年、一四〇六年の三回しか起きなかったのに対し、シュペーラー極小期に相当する一四二〇年代から一五三〇年代の約一一〇年間で一一回発生している(表1)。日本の農業の歴史を振り返ると、灌漑設備や水利管理の充実によって干ばつ対策は進んできた。しかし、冷害には脆弱であり、この課題は今日でも引きずっている。

 まず一四二三年に京都、越中、山城、大和で、そして一四二七年に、京都、会津、武蔵、下野、伊勢、丹波、豊前と各地に長雨や洪水の記録がある。一四二八年前半に三日病とよばれる疫病が発生し、応永から正長(しょうちょう)へと改元した理由となった。

 一四二八年には、京都、会津、下野、武蔵、伊勢、丹波、豊前で飢饉が発生した。そして同年八月、正長の土一揆が勃発するのだ。興福寺別当の尋尊が編集した『大乗院日記目録』には、「天下の土民蜂起す。徳政を号して、酒屋、土倉、寺院等を破却し、雑物等を恣(ほしいまま)にこれを取り、借銭等を悉(ことごと)く破る。管領これを成敗す。凡(およ)そ亡国の基であり、之に過ぐるべからず。日本開闢(かいびゃく)以来、土民蜂起の初めなり」と書かれている。もともと農業生産を向上させるための鉄製農具や農耕馬が、農民叛乱において武器と化していった。

 一四三七年から二年続きの飢饉が発生し、嘉吉の徳政一揆の遠因となる。一四四一年六月に足利義教が赤松満祐(みつすけ)によって暗殺されると、新しい将軍はまず善政を示すべきとして、借入金の返済を見直す「代替りの徳政」を求める声が高まった。九月に入って、一揆の軍勢は近江から京都に乱入したのだ。室町幕府は、正長の土一揆では拒否した徳政要求に屈し、閏九月一〇日に徳政施行を発した。

 一四四五年から一四四六年にかけても、洪水は加賀、能登、近江で起き、京都で「止雨奉幣」が祈られた。そして、一四四七年(文安四)に諸国の牢籠人が洛中に集まり、暴徒や悪党と結託して文安の土一揆が発生した。

 冷夏・長雨ばかりではない。一四六〇年前後に少雨による干ばつの記録があり、図3の短期的な揺り戻しの時期と一致している。長禄・寛正の土一揆が起きた時代だ。

 幕府のある京都に武装蜂起した土一揆とは、どのような人々が結集し、誰が主導して行われたのだろうか。当時の文献資料をみると、大きく分けて二つのパターンがあるようだ。

 ひとつは、惣村が関与した土一揆だ。最初の正長の土一揆から、徳政要求が蜂起の大きな目的であった。京都に突入し、酒屋や土倉といった金融業者に押し入り、借入証文の破棄という私徳政が行われた。その後、嘉吉の徳政一揆では幕府が正式に発布しており、借入金の元本相当が返済されているなら土地等は返還といった内容が盛り込まれた。また、享徳の土一揆では、借金の十分の一を幕府に差し出せば、借金そのものを帳消しにするという「分一徳政」が発布される。いずれの場合も、武力を背景にしていたとはいえ、債権債務関係の契約見直しが主眼であった。実際、独自の財政を持つ惣村では水利管理などの費用だけでなく、社会不安に対応した防衛費・戦費がかさむようになっていた。このため、京都の土倉への多額の債務を抱えているところもあった。徳政要求を行う土一揆という姿から、村ぐるみの行動として扱われてきたゆえんだ。

 しかし、『経覚私要鈔』の一四五七年の記述の中に、京都近郊から土一揆に参加した者が「十分の一」を出すことで徳政の対象となったのに対し、「田舎者は只取り」したとある。また、『大乗院寺社雑事記』には、「やせ侍が足軽」と名乗り、興福寺に「酒直(さかて)」といった軍資金(兵粮/ひょうろう)を求め、要求が受け入れられると立ち去ったと書かれている。土一揆の叛乱とは村主導のものだけでなく、飢饉の発生によって村を離れて流民となった人々が、自力救済の行動として食糧や物資を強奪した面もあった。幕府が村の名主に対して土一揆の首謀者を報告するよう求めており、村組織と離れた暴徒集団が存在していたことがうかがえる。

 村を離れる流民が増加した原因は、農業生産力の向上による人口増加社会の中で、一四二〇年代以降に全国規模の飢饉が多発したことがあげられよう。村の農業生産だけで生きていけなければ、その外に活路を求めるしかない。背景として、小氷期の期間においても極寒なシュペーラー極小期が到来し、気候の傾向が温暖から寒冷・多雨へと転換したことがあったに違いない。

 一六世紀前半に入ると、京都周辺での土一揆の発生数が減少していく。シュペーラー極小期が終わり、飢饉の発生頻度が少なくなる時期と一致している。図3でも平均気温が温暖傾向をみせており、自然環境が持ち直したことが背景にあろう。

【次ページ】小氷期と戦国時代の終焉

関連ワード

田家 康異常気象小氷河期

文化・歴史の新着記事 一覧を見る RSS

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。