2016年4月号

2016年4月号 大特集 北朝鮮と中国を侮るな
2016年3月10日 発売 / 定価880円(税込)
  • 目次
  • 中吊り広告

始皇帝の死 日本再生59   立花 隆

一人旅の楽しみ   川本三郎

朱鎔基の師、宮崎勇さん   高橋政陽

北斎とダーウィンの不思議な縁   小山 騰

東京ラブストーリーの二十五年後   柴門ふみ

私の住みたい社会   青山文平

室生犀星とひらがなの感覚   二階堂ふみ

自転車に乗ってとうとう六年目   火野正平

誰でもできる「おもてなし」 日本人へ155   塩野七生

大特集

不気味な軍靴の音が聞こえてくる
北朝鮮と中国を侮るな


北の市民10人への直通電話   朴 承珉
▼「戦争でも起きればいい」
▼「金正恩は雄ブタの子だ」
▼「国境警備が強化された」

◎朝日新聞ソウル支局長の戦慄レポート
金正恩 暴発の日は近い   牧野愛博

核、ミサイル、サイバー
陸海空自衛隊が見た本当の軍事力
磯部晃一(元陸将)/伊藤俊幸(元海将)/永岩俊道(元空将)

日本はもはや米国を頼れない   中西輝政

ポスト習近平が鍵を握る   オックスフォード大学長 ウィル・ハットン

進化する中国「反日テーマパーク」   辻田真佐憲

年間一兆四千億円 「爆買い」最新事情   西所正道

◎ベストセラー手記に騙されるな
小保方晴子は錬金術師である   佐藤 優/緑 慎也

特集

アベノミクス崖っぷち


マイナス金利 黒田バズーカは誤爆した   水野和夫

スクープ 東芝「不正謀議メール」を公開する   川端 寛

シャープ買収 経産省VS.鴻海 全舞台裏   児玉 博

伊藤忠は中国に活路を見出す   伊藤忠商事社長 岡藤正広

「あさが来た」で企業の明暗がわかる   公認会計士 前川修満

総力特集

東日本大震災 日本人の底力


天皇皇后両陛下 五年間の祈り   前侍従長 川島 裕

七週連続のお見舞いの旅、異例だった夜道のドライブ、心臓手術直後の追悼式御臨席……。両陛下は常に被災者にお心を寄せ続けられていた


東北三県「復興」の現場から

岩手・陸前高田 自治体にもっと権限を   戸羽 太(陸前高田市長)

宮城・気仙沼 豊かな森が海を救ってくれた   畠山重篤(牡蠣養殖家)

福島・富岡町 最終処分場を受け入れて   宮本皓一(富岡町長)

福島第一原発 汚染水処理と廃炉への道程   増田尚宏(東京電力)

遺骨を弔えない家族の苦悩   葉上太郎

小泉進次郎は被災地を幸せにしたか   常井健一


「つなみの子どもたち」の希望   森 健
▼避難所で作文を書いた彼らは逞しく成長していた

地方紙が考える真の「地方創生」
江種則貴(中国新聞)/畑谷広治(信濃毎日新聞)/松岡和也(高知新聞)

「ゆうゆうワイド」30年に悔いなし   大沢悠里

琴奨菊「カド番大関」からの大変身   佐藤祥子

寅さんには「狂気」があった   山田洋次(映画監督)×名越康文(精神科医)

◎多くの患者を看取った私の番がやって来た
僧侶で医師が末期がんになって   西明寺住職・内科医 田中雅博


没後一年、母親の最期の日々を初めて明かす
吉行あぐり107歳の看取り記   吉行和子


プロ野球はラグビー界に学べ
金本知憲(阪神タイガース監督)×清宮克幸(ヤマハ発動機ラグビー部監督) 

この人の月間日記

辺境作家、日本で水泳に励む   高野秀行


新連載小説

大名倒産   浅田次郎
時代小説の名手 本誌初登場


ベストセラーで読む日本の近現代史・佐藤 優

BOOK倶楽部

鼎談書評 山内昌之×片山杜秀×竹内 薫 ▼今月買った本 池上 彰 ▼著者は語る ▼新書の窓


▼赤坂太郎 ▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼新聞エンマ帖 ▼オヤジとおふくろ ▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼昭和のことば・鴨下信一 ▼新・養生訓・東嶋和子 ▼悠々山歩き・岩崎元郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼マガジンラック ▼蓋棺録 ▼広告情報館 ▼ゴルフ ▼目・耳・口


新世界地政学56   船橋洋一

人声天語154   坪内祐三

文字に美はありや28   伊集院静

大獄4   葉室 麟


グラビア

▼日本の顔(内山高志) ▼同級生交歓 ▼中野京子の名画が語る西洋史44(「アレクサンダー、かく戦えり」) ▼春薫る名城へ ▼もう一人の家族110 寺島実郎 ▼名作×名食46(辰野金吾) ▼小さな大物(浦沢直樹) ▼文春ラウンジ(ゴルフ/相撲)


短歌 澤村斉美   俳句 佐藤文香   詩 大江麻衣

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。