文藝春秋SPECIAL
ニッポン逆襲の組織論 大企業に何が起きているのか?

ソフトバンク 元参謀の見た孫正義「後継者」の条件

「後継者」と目されていたアローラの電撃退任、そして三兆円を投じての英国アーム社の買収……。ソフトバンクは今、何を始めようとしているのか? 孫正義の元参謀が読み解く

嶋 聡 (多摩大学客員教授・前ソフトバンク社長室長) プロフィール

しま さとし/1958年岐阜県生まれ。1996年より衆議院議員(新進党→民主党)を3期9年務める。2005年の落選を契機にソフトバンク社長室長に転身。8年間、同職を務めた。著書に『政治とケータイ』(朝日新書)、『孫正義の参謀』(東洋経済新報社)など。

アーム買収の狙い

 三・三兆円でのアーム買収は孫氏にとって、「イノベーションで世界を変える事業家」への挑戦を始めたことを意味する。

 特に、アームを「非上場」にして、ソフトバンク持ち株会社に連ねることに、私は注目している。そこに孫氏の覚悟を見るからである。

 先見性があるということは定義上、少数者である。孫氏の投資、本当にやりたいことは市場から評価されないことが多い。今回のアーム買収でも、ソフトバンクの株価は大きく下落した。孫氏は「ボーダフォン買収でも大きく下落した」と意に介さない発言をしている。しかし、実際は違う。孫氏はマーケットを非常に気にするのだ。

 二〇〇八年秋のことである。リーマンショック直後の株価の大きな変動を受けて孫氏は「アナリストやジャーナリストへの説明が面倒。いっそ(上場を取りやめて)個人で会社を背負おうか」と考えたこともある。

 孫氏は「ソフトバンク傘下で非上場になることで、長期的視点で戦略的投資ができる」と語る。市場の短期的評価を気にすることなく、「世界を変える」ことに挑戦するに違いない。

 アーム設計の半導体は世界のスマホの九五%に使われている。しかし、スマホ革命の当事者であった孫氏からすれば、スマホへの半導体供給はすでに成熟した市場である。

 アームはロボット、自動運転車、拡張現実(AR)ゲームなど、孫氏が考える「未来を創造」し、ライフスタイルを変えるさまざまな機器に自社の技術とグラフィックス(設計)を供給していくだろう。

「自動車そのものがロボットになる。ロボットである自動車が空を飛んだり、海にもぐったりする」

 電気自動車のテスラモーターズのイーロン・マスク氏とも親交がある孫氏である。ひょっとしたら、孫氏は今後、「未来の自動車」に挑戦するかもしれない。

「夢とロマンと命をかけてやる」

 アーム買収にあたっての孫氏の言葉である。ソフトバンクという組織は、これからも孫正義の「夢とロマン」とともに成長、進化してゆくに違いない。

文藝春秋SPECIAL 2016年季刊秋号

定価:940円(税込) 発売日:2016年08月26日

関連ワード

嶋 聡ソフトバンク孫 正義ニケシュ・アローラ後継者アームホールディングス借金王

社会・生活の新着記事 一覧を見る RSS

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。