同級生交歓 文藝春秋 掲載記事

奈良市立右京小学校

川島実 (医師)

奈良・奈良市 右京小学校校庭にて(撮影 本社・杉山拓也)
(右から)
  • 作家
    木下昌輝
  • 大阪医療センター・脳卒中内科医師
    山本司郎
  • 医師
    川島実

 奈良市立右京小学校の卒業以来三十年ぶりに会う山本は、医師として脳神経の専門家に。作家として活躍する木下の直木賞候補になったデビュー作『宇喜多の捨て嫁』を読んだ感想も医師ならではだ。曰く「主人公の抜刀術は、脳梁と左前頭葉の障害による特殊な“道具の強迫使用”がみられる」らしい。小学校六年間同じクラスだった木下とは卒業後も交流が続いた。私がプロボクサーとして夢はあるが不安定な暮らしを始めた頃に、「物書きになる」と言って、名の知れたハウスメーカーを辞めた彼のことは勝手に盟友だと思っている。ボクシングを引退後、フリーランスの医師として複数の病院をかけ持つ私は、娘も通う母校のPTA会長として、少子高齢化に直面する地元に少しずつ根を広げている。

川島 実

この記事の掲載号

2016年11月号
2016年11月号
小泉進次郎「日本農業改造計画」
2016年10月7日 発売 / 定価880円(税込)
関連ワード

木下 昌輝山本 司郎川島 実

人の新着記事 一覧を見る RSS

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。