同級生交歓 文藝春秋 掲載記事

雙葉学園

白河桃子(ジャーナリスト)

東京・千代田区 雙葉小・中学校にて(撮影 本社・鈴木七絵)
(右から)
  • ジャーナリスト
    白河桃子
  • 女優
    大森美紀子

「女子校力」が注目されているが、私たちの母校は私立の女子校、雙葉学園。春は桜が満開になる四谷の土手の前、レンガ塀に守られた女子だけの園だ。思う存分自由を満喫し、その結果女子校力のひとつ「空気を読まない力」が身についたのだと思う。

 男性による目線を一切意識せずに思春期を過ごす。大人びたリア充グループも、オタク女子も同等にクラスに存在できる。その中で当時大人気だった若手の劇団にはまっていたグループが、学校で自分たちのミュージカルを自主上演した。その中に大森さんがいた。あまりのエネルギーに圧倒された。青春そのものだったと思う。私は同じ頃、文芸部に所属し、バンドのボーカルだった。長じて私は物書き、大森さんは女優に。良妻賢母の学校なのに、結局やりたいことを仕事にしている。出会うと一分も経たずにセーラー服の頃に戻れるから同級生は不思議だ。

白河 桃子

この記事の掲載号

2017年2月号
2017年2月号
大型企画 大女優が語る昭和の映画
2017年1月10日 発売 / 定価880円(税込)
関連ワード

白河 桃子大森 美紀子

人の新着記事 一覧を見る RSS

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。