同級生交歓 文藝春秋 掲載記事

大阪教育大学附属高校天王寺校舎

安森智司 (京都府警察本部長)

京都・相楽郡 イデア乗馬倶楽部にて(撮影 本社・細田忠)
(右から)
  • 京都市児童福祉センター医師(小児科)
    市川澄子(旧姓 松本)
  • 同志社大学生命医科学部教授
    市川寛
  • ART&CRAFT j-hands代表
    あべきよみ(旧姓 新東)
  • 京都府警察本部長
    安森智司
  • イデア乗馬倶楽部オーナー
    阿部卓也
  • 俳優・観光庁アドバイザー
    辰巳琢郎
  • 関西大学システム理工学部教授
    和田隆宏
  • 坂口医院院長(循環器内科)
    坂口好秀

 

 我らが青春の学園、大阪教育大学附属高校天王寺校舎は、中高一貫に加え一学年約180人と少数。我々77年卒(高校19期)はまとまりがよく集まる機会も多い。

 市川寛は野球部で鳴らし、バスケ部主将の澄子と長い交際の末結婚。京都府立医大で消化器内科を専攻し、現在は同志社大で医学と工学の連携に取り組む。癒し系澄子は近大医学部、京都府立医大小児科を経て、児童虐待問題の最前線に立つ。愛馬デューカルパールと写る阿部卓也は、早大建築学科を経て建築設計事務所を経営するも、馬術への思いを断ち切れず竹林を自ら切り開き乗馬倶楽部を開設。妻の清美は金沢美術工芸大で鍛金を学び、数々の受賞でジュエリーデザイナーとして名を馳せるも、卓也の夢に付き合うことに。安森は京大法学部を経て、皆が驚く中「人を大事にする組織だ」と警察庁へ。現在は京都府警察本部長。高二の春に演劇愛好会を作った辰巳は、京大文学部を経て俳優に。昔から何事も器用に真摯にこなす活動派で、取材後は樹璃杏(右の馬)との艶姿を披露。和田は「直感で解答がわかる」数学の天才。京大理学部で原子核理論を学び、現在は関西大で理論物理学を窮めるべく研究に邁進。坂口は近大医学部で循環器内科を専攻し、地元で開業。地域医療に貢献しつつ、学会・研究活動にも尽力。その人柄ゆえ医院はいつも満員。

 他の同級生たちも皆個性的で才気あふれ、会うたびに触発される。こうした面々と思う存分の学生生活を送れたことに、今も心から感謝している。

安森 智司

この記事の掲載号

2012年5月号
2012年5月号
新・日本の自殺
2012年4月10日 発売 / 定価840円(税込)
関連ワード

市川 澄子市川 寛あべ きよみ安森 智司阿部 卓也辰巳 琢郎和田 隆宏坂口 好秀

人の新着記事 一覧を見る RSS

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。