2012年10月号

2012年10月号 「国会改革」憂国の決起宣言
2012年9月10日 発売 / 定価840円(税込)
  • 目次
  • 中吊り広告

危険なメソッド 日本再生18   立花 隆

雑用はない   渡辺和子

王妃オリュンピアス   森谷公俊

ブームの真相   原田マハ

「専門家責任」の時代   山岸憲司

涙と歌声   小林研一郎

マッチョな言葉の“侵略”   久保田智子

甘い体験   遠山正道

恋は やさし   林 京子

イタリア式メダル獲得法 日本人へ113   塩野七生

総力特集 戦後政治65年を総点検する

●財界、労働界、学者──六人の同志が国家の危機に結集した
「国会改革」憂国の決起宣言
長谷川閑史(武田薬品工業社長)/坂根正弘(コマツ会長)/古賀伸明(連合会長)/岡村 正(東芝相談役)/大橋光夫(昭和電工相談役)/佐々木毅(学習院大学教授)

衆参全議員に公開質問状
議員は何人が適正? 参議院は必要?

総理になってはじめてわかること
森 喜朗/海部俊樹/安倍晋三/村山富市

橋下徹という国難   藤吉雅春

憲法の番人が語る「日本国憲法の限界」   元内閣法制局長官 阪田雅裕

 
炉心溶融 吉田所長の失敗

原発事故「私の最終報告書」2   柳田邦男

宮さま、京都にお還りやす
山田啓二 京都府知事/松本 紘 京大総長/山折哲雄


反日包囲網を打ち破る 日米韓31人の提言

韓国、中国「領土紛争」の深層

冒頓単于の怒り 山内昌之

砂漠の駝鳥 佐々淳行

黒幕の存在を疑え 藤原正彦

軽薄なコメンテーター 中野 翠

国家の責務の放棄 岡本行夫

竹島・尖閣の表裏 佐藤 優

戸締まり用心 西村賢太

アメリカには頼れない 中野剛志

やられっぱなしの私の国 伊東四朗

自民党政権の怠慢 鈴木宗男

アメリカとカナダの教訓 ケビン・メア

中国活動家の目つき 保阪正康

「引き分け」の哲学 後藤謙次

韓国が失ったもの 玄大松

中東に学べ 小池百合子

都が先頭に立つ 猪瀬直樹

隣人は激情家 徳岡孝夫

国際的な法理を基に 茂木健一郎

したたかな韓国人 黒田勝弘

まず歴史的事実から 孫崎享

二元論を越えて 麻木久仁子

すべて解決している 高村正彦

冷めている日本人 田原総一朗

先制攻撃の目標 趙甲濟

刷り込まれる愛国心 弘兼憲史

ポピュリズムに流されるな 額賀福志郎

アジアの“治療者”たれ 香山リカ

スポーツの平和利用 江本孟紀

売国奴との対決 金美齢

平和とは何か 別宮暖朗

他力本願からの脱却 櫻井よしこ

暴走する人民解放軍   小川和久/浅野亮/富坂聰

独占手記 元自衛官 尖閣に日の丸を掲げるの記
元海上自衛隊・特別警備隊先任小隊長   伊藤祐靖


坂東玉三郎 女形の危機と芸の伝承

今だから語れる寛仁親王、父の素顔   彬子女王/瑶子女王

あの作家も元総理もみんな先生だった

保存版 人生を変えた伝説の名授業30

●漱石に英語を習い、宮沢賢治と農業に挑む

文豪たちが名教師だった頃   佐久間文子

夏目漱石/芥川龍之介/芥川也寸志/内田百けん/小泉八雲/島崎藤村/与謝野晶子/宮沢賢治/石川啄木/宇野千代/中島 敦/川上澄生/川上宗薫/団 鬼六/千草忠夫/坂口安吾

●生徒が語る恩師との時間

白川 静 紙は神に通じる

山口昌男 試験は「縄文時代の日記」 川本三郎

網野善彦 高校生の質問に絶句

藤沢周平 自作脚本で放送劇

蔦 文也 野球部監督より生涯一教師

石坂洋次郎はいじめの監視役だった むのたけじ

竹下 登 トラックの荷台で修学旅行

タイガース瞳みのる ロングヘアーの漢文教師 市川右近

俵 万智は教室で二度泣いた

香月泰男 自分が感じたことを描け

北村 薫 放課後の「SF教室」 片桐 仁(ラーメンズ)

●私の教師時代

小柴昌俊 正解のないテスト

安野光雅 人気授業は「アリの実験」

黒川博行 先生を辞めたくなかった

宍戸 錠/松原智恵子 創立100周年わが青春の日活撮影所

息子と二人、石垣島に暮らして 俵 万智


最高の「がん病院」大研究

がん研有明、静岡がんセンター
チーム医療がすべてを変える   伊藤隼也

「先進医療」はカネの無駄   近藤 誠

世界最高峰 米がんセンターMDアンダーソンの秘密  鳥集 徹

がんの痛みは怖くない   長田昭二


現代の家系10

美智子さま 母から受け継いだ改革精神   石井妙子

この人の月間日記

五輪に竹島「テレビ屋の夏」   関口 宏

国民栄誉賞の昭和史5

渥美清 笑いの奥に野獣の眼   鴨下信一


▼BOOK倶楽部 中島京子、金子 勝、 田口久美子、山内昌之 ▼今月買った本 野口悠紀雄 ▼著者は語る▼科学書の力 ▼古典でしか世界は読めない 佐藤 優


▼赤坂太郎 ▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼新聞エンマ帖 ▼オヤジとおふくろ ▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼昭和のことば・鴨下信一 ▼新・養生訓・東嶋和子 ▼悠々山歩き・岩崎元郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼蓋棺録 ▼ゴルフ▼目・耳・口 ▼マガジンラック ▼広告情報館


新世界地政学14   船橋洋一

人声天語113   坪内祐三

キャパの世界、世界のキャパ27   沢木耕太郎

オールド・テロリスト17   村上 龍

三国志137   宮城谷昌光


グラビア

▼日本の顔(阿川佐和子)▼同級生交歓▼中野京子の名画が語る西洋史4(「コサック」)▼慈照寺の花(写真・渞忠之)▼もう一人の家族70(桜庭一樹)▼名作×名食5(菊池寛「真珠夫人」)▼小さな大物(山川静夫)▼文春LOUNGE(ゴルフ賢人塾/NEWS SENSOR)


短歌 笹 公人   俳句 坪内稔典   詩 天沢退二郎

雑誌を購入する

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。