同級生交歓 文藝春秋 掲載記事

都立戸山高校

長谷川洋三 (帝京大学大学院教授・ジャーナリスト)

東京・新宿区 都立戸山高校にて(撮影 本社・山元茂樹)
(右から)
  • 東京共済病院長
    桑名信匡
  • 弁護士
    伊東秀子
  • 帝京大学大学院教授・ジャーナリスト
    長谷川洋三
  • 楽天銀行代表取締役社長
    永田俊一

 都立戸山高校を昭和三十七年に卒業して五十年。伊東は衆議院議員を任期半ばに辞任して本職の弁護士に戻り、恵庭OL殺人事件を引き受け最高裁判決後も再審請求に執念を燃やす。桑名はベン・ケーシーに憧れて脳外科の医師となり、「認知症を手術で治す男」として脳腫瘍患者の現場復帰に情熱を傾ける。永田は大蔵官僚から日本銀行理事、預金保険機構理事長と公職を務め、今も信託こそが信頼の仕組みだと説き続ける。長谷川は新聞社で経済記者を勤めた後、大学院生に企業経営を教え、テレビ、ラジオのコメンテーターや日本の元気企業の海外発信に取り組む。戸山高校は、名物教師も多く、数学の授業の後に立ち寄ったラジアン池は懐かしい場である。

長谷川 洋三

この記事の掲載号

2012年11月号
2012年11月号
総力特集 日中文明の衝突
2012年10月10日 発売 / 定価840円(税込)
関連ワード

桑名 信匡伊東 秀子長谷川 洋三永田 俊一

人の新着記事 一覧を見る RSS

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。