2004年9月特別号

2004年9月特別号 芥川賞発表 『介護入門』 モブ・ノリオ
2004年8月10日 発売 / 定価710円(税込)

戦場の青春 葭の髄から 89   阿川弘之

私心なき経営   御手洗冨士夫

煙たがられるスモーカーより   泡坂妻夫

オラーツィ   土本武司

父のラブレター   加瀬英明

アリとチャスラフスカ   後藤正治

仏像に恋して   はな

共生   大村 智

ヨゼフ守屋多々志   守屋弓男

プロとアマのちがいについて 日本人へ 16   塩野七生


特攻と日本人 ――ある見事な青春群像   石原慎太郎
愛する者たちのために散った若き魂への鎮魂歌


「テロ実行犯」独占四時間インタビュー

橋田信介さん 殺害の瞬間   金子貴一
「日本人に謝罪したい」と襲撃犯は切り出した

真相究明手記

夫の頭を貫いた一発の銃弾   橋田幸子
CIAの車が運命を変えた


年金脱退権を認めよ   木村 剛

誰が「小泉純一郎」を殺したか   佐野眞一

保守再生のため幹事長を辞す   安倍晋三


平成皇室会議

皇統断絶の危機に
笠原英彦/櫻井よしこ/高橋 紘/福田和也/保阪正康/松崎敏弥/御厨 貴/八木秀次/米原万里

▼皇太子「平成の人間宣言」

▼女性天皇か、旧宮家復活か

▼美智子皇后と雅子妃の宿命

▼象徴天皇の命運は――


「最後の財閥」三菱決断の代償   岸 宣仁
UFJ統合と自工再生の成否

アルカイダ「東京テロ」警報   麻生 幾


◎巨人軍「一極集中」を許すな
日本プロ野球改造計画   星野仙一
一リーグ制の布石はヤンキース開幕戦にあった


日本人の心とからだの話   佐藤愛子/臼井栄子

夏樹、37歳。ガンとうつとの闘い   次原悦子

黄金のブックリスト

日本を震憾させた57冊 
時代を動かし時代を超える書物

坂ロ安吾『堕落論』   久世光彦

吉田満『戦艦大和ノ最期』   鶴見俊輔

伊藤整『女性に関する十二章』   南美希子

福田恒存『平和論にたいする疑間』   呉 智英

大宅壮一『「無思想人」宣言』   田原総一朗

伊藤正徳『連合艦隊の最後』   半藤一利

石光真清『城下の人』   中西 寛

松本清張『日本の黒い霧』   森 達也

小田実『何でも見てやろう』   坪内祐三

堀江謙一『太平洋ひとりぼっち』   白石康次郎

会田雄次『アーロン収容所』   粕谷一希

大松博文『おれについてこい』   中村昌枝

本田宗一郎『俺の考え』   城山三郎

深田久弥『日本百名山』   阿部謹也

開高健『ずばり東京』   泉 麻人

小林秀雄『考えるヒント』   木田 元

江藤淳『アメリカと私』   佐藤俊樹

大江健三郎『ヒロシマ・ノート』   吉田 司

神谷美恵子『生きがいについて』   宮原安春

小泉信三『海軍主計大尉小泉信吉』   林 望

多湖輝『頭の体操』   唐沢俊一

坂井三郎『大空のサムライ』   江畑謙介

中川李枝子・大村百合子『ぐりとぐら』   小川洋子

吉本隆明『共同幻想論』   中野 翠

松下幸之助『私の行き方考え方』   唐津 一

石牟礼道子『苦海浄土』   河合隼雄

梅悼忠夫『知的生産の技術』   中野不二男

石原慎太郎『スパルタ教育』   渡部昇一

藤原弘達『創価学会を斬る』   国正武重

三島由紀夫『行動学入門』   徳岡孝夫

沼正三『家畜人ヤプー』   団 鬼六

塩月弥栄子『冠婚葬祭入門』   酒井順子

イザヤ・ベンダサン『日本人とユダヤ人』   東 眞史

大岡昇平『レイテ戦記』   奥泉 光

土居健郎『「甘え」の構造』   香山リカ

井深大『幼稚園では遅すぎる』   齋藤 孝

植村直己『青春を山に賭けて』   湯川 豊

有吉佐和子『恍惚の人』   齋藤茂太

田中角栄『日本列島改造論』   関川夏央

司馬遼太郎『人間の集団について』   吉田直哉

辰巳浜子『料理歳時記』   阿川佐和子

鎌田慧『自動車絶望工場』   日垣 隆

中津燎子『なんで英語やるの?』   井上一馬

城山三郎『官僚たちの夏』   齋藤 健

児玉隆也『この三十年の日本人』   田中健五

立花隆『田中角栄研究』   塩田 潮

深代惇郎『天声人語』   柳田邦男

堺屋太一『団塊の世代』   山ロ文憲

徳大寺有恒『間違いだらけのクルマ選び』   加瀬昌男

山本七平『「空気」の研究』   岸田 秀

柳田邦男『ガン回廊の朝』   山崎章郎

山ロ百恵『蒼い時』   小倉千加子

永田洋子『十六の墓標』   小嵐九八郎

上野千鶴子『セクシィ・ギャルの大研究』   宮崎哲弥

中村元訳『ブッダのことば』   山折哲雄

浅田彰『逃走論』   浅羽通明

盛田昭夫『MADE IN JAPAN』   下村満子

日本一の金持ち 斎藤一人の正体   高橋秀実

教科書が教えない日露戦争   兵藤長雄

第131回芥川賞発表

介護入門   モブ・ノリオ
高齢化時代に家族の絆を問い直す破天荒な介護文学の誕生!

選評

▼古井由吉、石原慎太郎、河野多恵子、黒井千次、高樹のぶ子、宮本 輝、山田詠美、池澤夏樹

ブッシュが怯える映画「華氏911」   町山智浩


テレビ観戦トラの巻

「アテネ五輪」勝負の分かれ目   グループ「オリンポスの火」


●赤坂太郎 ●丸の内コンフィデンシャル ●霞が関コンフィデンシャル ●映画漫歩 ●オヤジとおふくろ ●棋士済々 ●三人の卓子
●広告情報館 ●マガジンラック ●考えるパズル ●鼎談書評 ●私の古典 ●今月買った本
●新聞エンマ帖 ●ゴルフ ●目・耳・口 ●噺家伝 ●詰将棋・詰碁 ●蓋棺録


私の東大論(61)「大逆」と攻撃された津田左右吉の受難   立花 隆

三国志(39)   宮城谷昌光

ザ・ハウス・オブ・トヨタ(27)中国進出   佐藤正明

田辺写真館が見た“昭和”(21)   田辺聖子

人声天語(16)   坪内祐三


グラビア

▼日本の顔(陰山英男) ▼マグナムが見た日本 ▼同級生交歓

カラー ▼日本美のかたち 9 薄 ▼名器で愉しむ老舗料亭の味 ▼新連載 追憶の美食 1 ▼わが街・私の味(21)下関(古川薫) ▼小さな大物(小柴昌俊) ▼文春LOUNGE(辰巳芳子のにっぽんの朝ごはん/News Sensor/スーツを脱いで、休日クルーズ/WATCH標本箱)


短歌……黒瀬珂瀾  俳句……橋本美代子  詩……町田 康

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。