1991年4月号

1991年4月号 イトマン前社長の独占手記
1991年3月10日 発売 / 定価630円(税込)

「脱亜論」 この国のかたち61   司馬遼太郎

お地蔵さま受難   クレメンス・シュリューター

野口英世の遺書発見   飯沼信子

菊池寛先生の絶筆   城井睦夫

美形はなぜ数が少ないのか   竹内久美子

長嶋さんと見たスーパーボウル   植田剛彦

武雄に眠る辰野金吾の夢    榛澤広己

クロス・カルチャード   福田 逸

プカプカ島の話   近森 正

東独カメラの終焉   胡桃沢耕史

○湾岸戦争──熱きオピニオン

歴史的壮挙としての戦争   [対談]猪木正道・北岡伸一
日本の偽善的平和主義を排す

アメリカは戦争を望んでいた   松原久子
産軍一体となったアメリカ復興の深謀遠慮?

湾岸戦争を満州事変にするな   柄谷行人・石川 好
今こそ平和憲法を原理とせよ

ここがわからない湾岸戦争 十五の大疑問


難民を忘れた救援論議   犬養道子

CNNは「米国の敵」か?   青木冨貴子


○特集・ソ連の「謎」

クレムリンの黒幕は誰だ!   入江吉正&本誌取材班
ゴルバチョフの急激な方向転換の背景を探る

ゴルバチョフ退陣は歴史的必然   V・アルクスニス大佐
保守派指導者が語る祖国と新ペレストロイカ

葬られた私の「五百日計画」   [対談]S・シャタリンVS.森本忠夫


九十億ドルか都知事選か   赤坂太郎

独占手記 イトマン問題と私

なぜ磯田一郎氏を恨むか   河村良彦
主力銀行は“スキャンダル”を捏造したのか?

○特集・都知事選

小沢幹事長、あなたは間違ってる   粕谷 茂
あなたの陰険傲慢な「鈴木降ろし」は許せない

東京をどうする――候補者に問う   堺屋太一
「病める東京」を知事として救えるのは誰か?

堺屋氏に答える 磯村尚徳・鈴木俊一・畑田重夫


“資産家”山東昭子大臣評判記   真神 博

我らモーツァルト狂い [座談会]大賀典雄・なかにし礼・砂川しげひさ

本誌独占

ソ連側重大証言! 大韓航空機撃墜
「イズベスチャ」記者 A・イレッシュ/A・シャリネフ
公式発表はやはり嘘だった。当のソ連機パイロット自身が明かす「撃墜」の真相!

ドアが初めて開かれた   解説 柳田邦男

なぜAV女優になったか   山下柚実

私はこうして弟子を育てた   藤島親方
現在関取六名、藤島部屋大躍進の秘密は何か


手記靖と私   井上ふみ
夫はいまも話しかけてくる。「君、大変だなあ」


新連載小説  君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟(コクリコ)
――与謝野鉄幹・晶子夫妻の生涯─―   渡辺淳一


文藝春秋短篇文学館屋上の影たち   日野啓三

新聞エンマ帖  福井 惇・大倉雄之助・松崎哲久

今月のカバーストーリー   文春ブッククラブ


コラム

▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼囲碁・将棋 ▼生活情報館 ▼新ちょっといい話・戸板康二 ▼詰将棋・詰碁 ▼広告情報館 ▼俳句倶楽部 ▼レコード・ファッション ▼釣り・競馬 ▼映画漫歩 ▼オヤジとおふくろ ▼蓋棺録 ▼三人の卓子 ▼目・耳・口 ▼短歌・俳句


愚図の大いそがし16 ほんとの和風   山本夏彦

自画像との対話16 二つの言語  黒井千次

ピアニストという蛮族がいる13 鍵盤のパトリオット   中村紘子

大地の子 最終回   山崎豊子


グラビア

▼日本の顔(佐藤しのぶ) ▼ピープル 山田紳の毒舌快画/今井正監督九年ぶりの現場復帰/『君の名は』の真知子役、鈴木京香さん/キーシン五度目の来日/宗茂、猛兄弟が指導する双子ランナー/都民文化栄誉賞を受けたホリ・ヒロシさん/原野パ・リーグ会長、「六十の手習い」 ほか ▼同級生交歓 ▼冥界にも住む家なし

■カラー 兄弟姉妹(来生えつこ・たかお) ▼小さな大物(大前研一) ▼マイ・ベスト・ショット(長尾猛) ▼新都市の皮膜10(稲越功一 文・大岡玲)


短歌 小嵐九八郎   俳句 加藤三七子   詩 中村 稔

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。