1992年4月号

1992年4月号 朝日読売社長の予言 大新聞は生き残れるか
1992年3月10日 発売 / 定価630円(税込)

馬 この国のかたち73   司馬遼太郎

海を見つめる少年の眼   長田庄一

『8マン』の帰還と挨拶   平井和正

「JIRAC」奮戦記    小山内美江子

マワシハ、チャント、アライマショウ   周防正行

飴玉の釣り銭   森本昌義

峯ヶ塚古墳への期待   田辺昭三

水田をつぶすな   嵐山光三郎

「小さな生命」のドラマ   佐々木崑

いま短歌とは   長沢美津

ロッキード事件「特捜の鬼」が提案する

私の政治改革案   堀田 力
良き政治には金が要る。その認識こそ先決だ

外国人にわかる政治を   飯田庸太郎
わかりにくい政治は経済摩擦の新たな火種だ

リクルートの悪夢再び?   赤坂太郎

朝日・読売社長の予言
大新聞は生き残れるか
渡辺恒雄・中江利忠 構成 田原総一朗

日本型経営の行方 盛田論文をどう読むか
河毛二郎・黒田 眞・樋口廣太郎・杉浦英男・行天豊雄・島田晴雄


特集 小沢調査会答申がつきつけた踏み絵

解釈改憲はどこまで可能か   石原慎太郎・石橋政嗣
海外派兵は軍事大国への道か

私はこう読む 加藤 寛・岡本行夫・北岡伸一・西廣整輝

答申案「国際社会における日本の役割」(全文)


新聞エンマ帖  岡田康司・大谷昭宏・中原英臣

朝日新聞が煽った「反日」「反韓」の構図

「慰安婦問題」とは何だったのか   西岡 力
新聞が触れようとしない大騒動の意外な真相

ソ連が作った金王朝   加藤 博

臓器移植医療現場からの発言
雨宮 浩・小柳 仁・連 利博・門田守人・太田宗夫
移植医たちの語る苦悩と決意

日米決戦の時代
─「土俵の鬼」の五十年─完   二子山勝治
貴花田は横綱の器。ライバルは曙ら外人勢だ

「外人横綱」は要らない   児島 襄
いま国技の「品格」を守るのか、棄てるのか?

アルベールビル日の丸に涙した日   笠谷幸生
札幌の「日の丸飛行隊長」が見た躍進する日本

今ごろカラオケ狂いの私たち
群ようこ・関川夏央・池内 紀

政界激震の震源地となるか

運輸業界の明智光秀
渡辺廣康の天国と地獄   加賀孝英
一一大疑惑の核心は佐川“信長”への謀叛だった

上淀廃寺と壁画の謎   林 文夫

10ドル運動てんまつ記   石川 好

予兆なき悪魔・クモ膜下出血   山嶋哲盛


七十周年特別企画
第一回 文の甲子園 決定発表


今月のカバーストーリー   文春ブッククラブ


コラム

▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼囲碁・将棋 ▼生活情報館 ▼新ちょっといい話・戸板康二 ▼詰将棋・詰碁 ▼広告情報館 ▼俳句倶楽部 ▼レコード・ファッション ▼釣り・競馬 ▼映画漫歩 ▼オヤジとおふくろ ▼蓋棺録 ▼三人の卓子 ▼目・耳・口 ▼短歌・俳句


臨死体験9 姿なき神   立花 隆

愚図の大いそがし27 私の文章作法 承前   山本夏彦

画家の妻たち10 ルノワールの妻   澤地久枝

君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟(コクリコ)13   渡辺淳一


グラビア

▼日本の顔(津本陽) ▼ピープル 山田紳の毒舌快画/高倉健さんNHKドラマ初出演/龍角散社長藤井康男さん親娘はプロ・アマ音楽家/中宮寺修行道場の障壁画を制作奉納する濱野年宏画伯/林家いっ平くん“ただいま修業中”/“ポスト聖子”の有力候補、根本奈美さん ほか ▼同級生交歓 ▼開戦で消えた日系人町2

■カラー ▼兄弟姉妹(犬養道子/犬養康彦) ▼小さな大物(城山三郎) ▼マイ・ベスト・ショット(石川賢治) ▼中華天地4(島尾伸三/潮田登久子)


短歌 沖ななも   俳句 金子兜太   詩 青木はるみ

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。