1994年10月号

1994年10月号 政界人物研究 田中眞紀子「仮面」の裏側/小沢一郎との訣別
1994年9月10日 発売 / 定価650円(税込)

鉄(二)この国のかたち 103   司馬遼太郎

オスカー・シンドラーの執念   八木 茂

得意は右ストレート   加藤尚武

八島太郎逝く   野本一平

マネキン・レポーター   福島弥生

わが遺影、DNA   関口弘昌

気分はもう、ゴーギャン?    浦谷年良

金田一京助先生の想い出   萱野 茂

バーンスタインの遺産   玉木正之

ハル・ライシャワー夫人を見舞う   上坂冬子

ノーベル賞に狂奔する

池田大作名誉会長野望の果て   段勲・乙骨正生
あくなき権力の追求、野望も遂に潰えるか

政界人物研究

田中眞紀子「仮面」の裏側   高山文彦&本誌取材班

現役政治部デスク極秘メモ
小沢一郎との訣別   田崎史郎

小沢「新・新党」構想の死角   赤坂太郎


北朝鮮クライシス 第二弾

「金正日」沈黙60日のミステリー   麻生 幾

米朝会談「合意」のまやかし   李東馥

戦中派の考える「侵略発言」   山田風太郎
常に冷静な時代の観察者が五十年前の日記を顧みて昭和の遺臣「楚辞」を読む

ワシントン・ポスト本社での“勝利”と“敗北”   東郷茂彦


復讐する通貨 世界を席捲する最終金融兵器   阿部重夫
新金融商品デリバティブにひそむ破局的矛盾

少年法を問い直す

十九歳の「冷血」   飯島真一
「二十歳」前ならなぜ全て保護されるのか。
一家四人を惨殺した「少年」の大罪

ソリブジン事件は氷山の一角
告発「治験」という名の人体実験   近藤 誠
出鱈目な臨床試験がソリブジン事件を生んだ


特別手記
淳之介さんのドビュッシイ前奏曲   宮城まり子
「君は僕と暮らして損したね。ごめんよ」


オランダ健常者安楽死裁判リポート
人に自殺の権利はあるか   ジャネット・A・シャボット

直撃インダビュー

つぎは外人二人横綱だ!   大関 武蔵丸
すごい力士だ──ただそれだけを記憶されたい

司法試験改革に異議あり   高山俊吉

ぼくの上海行商日記   田中信彦

「ミスター偏差値」と呼ばれた男   多賀幹子


最新東洋事情 3 
ヴェトナム進出熱のまぼろし
アオザイ美人と豊富な資源を夢見た進出だが   深田祐介


古今亭志ん生 幻のテープ   岡本和明

女子中高生を襲うアルコール依存症   中里喜昭

ジュリアナで踊った人 踊らされた人   桐山秀樹

遺書を独占公開

ピュリッツアー賞
カメラマン ─死の真実   矢高則夫
飢えた少女を狙う禿鷲──衝撃の写真家の死

人その芸 第四回   サトウサンペイ

文春ブック倶楽部   新聞エンマ帖


▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼映画漫歩 ▼オヤジとおふくろ ▼猫と海鞘・群ようこ ▼詰将棋・詰碁 ▼広告情報館 ▼俳句倶楽部 ▼生活情報館 ▼釣り・競馬 ▼囲碁・将棋 ▼目・耳・口 ▼短歌・俳句 ▼レコード・ファッション ▼三人の卓子 ▼蓋棺録


私の小さな美術館 10 イヴ・モンタンの遺言   新井 満

愚図の大いそがし 57 社交界其五   山本夏彦

君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟(コクリコ) 43  渡辺淳一

漆の実のみのる国 22   藤沢周平


グラビア

▼日本の顔(小和田恆) ▼ピープル/山田紳の毒舌快画/羽生名人の就位パーティーに米長前名人が同伴した女性は?/NY名物(!?)となった鳩子のうた/サンフレッチェ今西総監督は素潜りでストレス解消 ほか ▼同級生交歓 ▼私の東京散歩(ドナルド・キーン) ▼一枚の写真 3 ▼今月の招待席 2

■カラー ▼動物のいる風景(畑山博) ▼小さな大物(石井好子) ▼新マイ・ベスト・ショット(沼田早苗) ▼世紀末イリュージョン(関西国際新空港)


短歌 吉野昌夫   俳句 宮脇白夜   詩 井坂洋子

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。