2010年9月特別号

2010年9月特別号 芥川賞発表 受賞作全文掲載
2010年8月10日 発売 / 特別定価800円(税込)
  • 目次
  • 中吊り広告

擱筆の記 葭の髄から 最終回   阿川弘之

葉っぱのフレディ ニューヨークに立つ   日野原重明

夏はそうめんに限る   鳥越俊太郎

審判にも運は必要   西村雄一

風呂と夫とローマと私   ヤマザキマリ

ソウルの狂犬   西川美和

その後の「夏目家の糠みそ」   半藤末利子

本は余白を読むもの   福原義春

蘇れ、江戸城天守   三浦正幸

若者たちへ 日本人へ88   塩野七生


渡辺喜美 この男を信じていいのか   佐野眞一
サル学者を志望して山野を放浪した青春時代、司法試験に三回落ちた屈辱。父美智雄との葛藤と父の仇小沢一郎への思い。「みんな」の英雄がはじめて自分を語り尽くした


小沢一郎さん、代表選に立候補しなさい   藤井裕久


民主党「経理部政治」では日本を救えない   橋下 徹/猪瀬直樹

理想の政界再編は石破新党VS.勝間和代新党だ   酒井 信


青二才 木村剛が自爆するまで   高橋篤史


立花隆 iPS細胞の巨人に迫る   山中伸弥/立花 隆
ノーベル賞級学者が語る万能細胞と再生医療の未来


中国ストライキは「一人っ子」「甘えっ子」の乱   福島香織


大相撲賭博調査団の全報告   特別調査委座長 伊藤 滋


戦場の父から届いた75通の手紙   石原慎太郎・典子


PK駒野 人生で一番長い0.4秒   駒野友一


オフレコ公開

李明博が「普天間韓国移設」を極秘提案   大城俊道

鳩山・小沢の再接近に菅が怯えた夜   赤坂太郎

特別企画

「勝つ日本」40の決断

真のリーダーは、たった一人で空気を変える!


郵政解散 小泉純一郎が「亀井静香は戦国時代なら死んでいる」   世耕弘成

WBC優勝 イチローの殊勲打を生んだ「負ける覚悟」   原 辰徳

紀子さまご懐妊 美智子さまがもらされた感懐   岩井克己

「お国のため」精神で大合併、新日鐵が誕生した   今井 敬

北朝鮮工作船「弾がなくなるまで撃ち続けろ」   山田吉彦

宮崎駿のスタジオジブリは「毎日が綱わたり」   鈴木敏夫

創政会旗揚げ 竹下登が角栄の前で歌った替え歌   羽田 孜

荒川静香を強くした五輪直前の飛行機事故   吉井妙子

セブン ‐イレブン成功 人生でたった一度涙したとき   鈴木敏文

最年少芥川賞 少女たちの「不幸」は文学に豊穣をもたらす   高樹のぶ子

南アW杯 チームを甦らせた川口主将の「提案」   二宮寿朗

地元秘書も寝耳に水だった日本新党の抜き打ち結党   半田善三

世界一安全 新幹線を生んだ特攻機「桜花」設計者の十字架   棚沢直子

北島康介五輪二連覇をもたらした「コーチも辛い」の一言   平井伯昌

よど号ハイジャック 山村新治郎「身代わり」は二回目だった   露木 茂

第一次漫才ブームは「テレビをぶっ壊した」   横澤 彪

ダイエー中内功 偽ブランド事件で「ピンチをチャンスに」   今西光男

金融国会で野党案丸呑み 野中官房長官からの電話   仙谷由人

給料ゼロで丹羽宇一郎伊藤忠社長のV字回復   有森 隆

雲仙大火砕流 法に反しても住民の生命を守った警備隊長   江川紹子

ソニーCD開発 陰の功労者は親友・カラヤンだった   大賀典雄

高校時代は広島カープに行きたかった江川卓   永谷 脩

田中角栄「列島改造論」ゴーストライターの唯一の失敗   小長啓一

キャンディーズ解散 30年目のランちゃんの言葉   石黒謙吾

鹿内宏明解任劇 直後の司馬遼太郎さんからのファックス   羽佐間重彰

内掌典が初めて明かす美智子さまご成婚の日   高谷朝子

世界のファッション界を震撼させた川久保玲のパリ進出   生駒芳子

ノーベル賞 研究のために退職届を内容証明で   江崎玲於奈

自社さ政権は小沢一郎への悪口がきっかけだった   亀井静香

逸見政孝「がん告白」はがん治療を変えた   逸見晴恵

東洋の魔女 大松監督は父、兄、恋人でした   河西昌枝

スーパードライ発売で「チャンスは貯金できない。行くぞ!」   菊地史朗

談志「落語立川流」創設「実験第一号」として   立川志の輔

丹下健三は日本国家「最後の貌」を建築した   磯崎 新

金丸信五億円献金 朝日スクープの裏に弁護士の「忠告」   松本 正

贅沢は素敵だサラリーマンの価値観を変えた『ブルータス』   石川次郎

直訴と独学で作った世界初のCPU   嶋 正利

Jリーグ創設 反対論を一蹴した川淵三郎の名言   二宮清純

「聖処女」宮沢りえ18歳 ヘアヌードの撮影現場   篠山紀信

拉致被害者帰国 日本永住を決めるまでの子どもへの思い   蓮池 薫

追悼 つかさんは「蒲田行進曲」そのものだった   風間杜夫

最後の血盟団 川崎長光 百歳のテロ告白   中島岳志

第143回 芥川賞発表

アンネ・フランクを密告したのは誰か?「アンネの日記」を現代に甦らせた意欲作

乙女(おとめ)の密告(みっこく)   赤染晶子(あかぞめあきこ)

選評

小川洋子、黒井千次、村上 龍、池澤夏樹、川上弘美、石原慎太郎、山田詠美、高樹のぶ子、宮本輝

満洲は「溥儀の秘湯」で、とろりんちょ   山崎まゆみ


60人大アンケート 目からウロコの「残念な人」分類学

夏休みの宿題で人生が決まる   山崎将志

[先行逃げ切り型]……田原総一朗 内館牧子 鳩山邦夫 杏

[コツコツ積み立て型]……内田 樹 舛添要一 宮崎哲弥 唐 十郎

[まくり型]……秋元 康 岸部四郎 福島みずほ 森永卓郎

[不提出型]……浅野忠信 五味太郎 角田光代 本郷和人 etc


▼BOOK倶楽部   伊丹敬之、麻木久仁子、高島俊男、苅部 直

▼今月買った本   角田光代

▼「新書」に聞く

▼雑誌探訪

▼古典でしか世界は読めない   佐藤 優


▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼新聞エンマ帖 ▼オヤジとおふくろ ▼ゴルフ ▼目・耳・口 ▼マガジンラック ▼広告情報館
▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼昭和のことば・鴨下信一 ▼新・養生訓・東嶋和子 ▼悠々山歩き・岩崎元郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼蓋棺録


新代表的日本人 7 大田垣蓮月   磯田道史

人声天語 88   坪内祐三

天上紅蓮 14   渡辺淳一

昭和天皇 63 和平工作   福田和也

三国志 112   宮城谷昌光

新連載 キャパの世界、世界のキャパ 2   沢木耕太郎


グラビア

モノクロ ▼日本の顔(妹島和世) ▼同級生交歓

カラー ▼新連載 細川護煕が語る細川家の美 3 ▼ドイツ東西統一から20年 ▼もう一人の家族 45(生島ヒロシ) ▼美食美術館 16(札幌宮の森美術館) ▼小さな大物(冨田 勲) ▼文春LOUNGE(黒澤映画の魅力/丈夫な歯と身体の関係)


短歌……田宮朋子  俳句……大串 章  詩……浜田 優

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。