2013年12月号

2013年12月号 うらやましい死に方2013
2013年11月09日 発売 / 定価840円(税込)
  • 目次
  • 中吊り広告

仏頭の来歴 日本再生32   立花 隆

おもいで   万城目 学

玉ねぎに泣かされて   今井真介

ツートントンの娘   青木奈緒

消えゆくゲームを保存する   細井浩一

監督としての覚悟   中田久美

作家二十五年寿命説   高野秀行

経済学者のベネチア暮らし   竹森俊平

自由が丘の金田中   瞳 みのる

帰国してみて 日本人へ127   塩野七生

総力大特集 安倍総理「長期政権」への直言

「原発なくして成長なし、そんなことないね」
小泉純一郎 私に語った「脱原発宣言」 
(毎日新聞専門編集委員)山田孝男


◎二十代、三十代の若者は何を考えているのか
気鋭の若手論客10人の提言を聞け

「瑞穂の国」を忘れるな   中島岳志
「新・族議員」のすすめ   開沼 博
子育て支援こそ成長戦略  柴田 悠
道徳は教えられない   浜崎洋介
「解雇特区」に隠された罠   今野晴貴
憲法改正より国防文化   清水政彦
私たちは 夜にうまれた   大野更紗
もう「家制度」には戻れない   阿部真大
したたかな韓国に対抗せよ   浅羽祐樹
新たな再分配が必要だ   荻上チキ

◎南海トラフ、首都直下型地震……
自衛隊の限界をあえて訴えたい
(前防衛省統合幕僚長)折木良一  船橋洋一

モーレツ社長、大いに吠える
若者よ、ぐずぐず言わずまず働け   伊藤忠商事社長 岡藤正広

ルポ 事故頻発と無責任の連鎖 
JR北海道を誰が殺したのか   奥野修司


◎作家の執念とも業ともいえるものを私は感じた──
山崎豊子先生の素顔独占手記   野上孝子
『白い巨塔』『華麗なる一族』『大地の子』『運命の人』……。
五十二年にわたり仕えた秘書が明かす「創作の秘密」

◎七百九十五通の読者投稿から作家の心を震わせた三十篇

うらやましい死に方2013   選・文 五木寛之
「失われつつある日本人への信頼感が、ふたたび静かによみがえってくるような感覚があった」(五木氏)


少子化時代、お墓はどうなる   玄侑宗久/井上治代

千玄室/市川海老蔵 茶と歌舞伎、御曹司の血が騒ぐとき


ケネディ暗殺 五十年目の「真実」
版権独占 暗殺を調査した「ウォーレン委員会」の元調査員が沈黙を破った
(「ニューヨーク・タイムズ」元記者)フィリップ・シノン


世紀の優勝決定戦を初めて語り合う
貴乃花×武蔵丸 勝ちを譲った!? とんでもない!

兄はひっそりと亡くなっていた
長嶋茂雄 語られざる兄弟の物語   松下茂典


みのもんた独占手記
私はなぜここまで嫌われたのか


ユニクロ柳井社長「非情の経営」への告発証言   横田増生

楽天田中を待つ米スポーツ「強欲資本主義」   生島 淳

ツイッター フェイスブック 私はつながりたくない   藤原智美

特別寄稿 書き下ろし小説86枚

村上春樹 
ドライブ・マイ・カー  女のいない男たち
彼女はなぜあの男と関係しなくてはならなかったのか。
人を恋する苦悩を描く新しいラブ・ストーリー

ドキュメント現代官僚論(5)
文科省 成長戦略を後押しする「教育改革」   藤吉雅春

内藤湖南「支那論」のすごさ   (京都府立大学准教授)岡本隆司

アジアビジネス最前線
過熱するミャンマーブームを信じられるか   江上 剛

富士山で栗拾い、カツレツ四回に大満足この人の月間日記   水木しげる


第六十一回菊池寛賞発表

読者賞応募規定


BOOK倶楽部

鼎談書評 山内昌之×片山杜秀×保阪正康
▼今月買った本 平松洋子 ▼著者は語る ▼新書の窓


▼赤坂太郎 ▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼新聞エンマ帖 ▼オヤジとおふくろ ▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼昭和のことば・鴨下信一 ▼新・養生訓・東嶋和子 ▼悠々山歩き・岩崎元郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼蓋棺録 ▼マガジンラック ▼広告情報館 ▼ゴルフ ▼目・耳・口


ベストセラーで読む日本の近現代史 第三回・山崎豊子   佐藤 優

新世界地政学 28   船橋洋一

人声天語 126   坪内祐三

キャパの世界、世界のキャパ 最終回   沢木耕太郎

勁草の人 小説・中山素平 9   高杉 良

オールド・テロリスト 30   村上 龍


グラビア

▼日本の顔(高畑勲)▼同級生交歓▼中野京子の名画が語る西洋史17(「頭に小石をもつ」)▼豪華列車「ななつ星」出発進行!▼もう一人の家族83 角盈男▼名作×名食18(高見順)▼小さな大物(帯津良一)▼文春LOUNGE(醤油が生み出す「和」の食文化/D&S列車で九州を満喫する旅へでかけよう/健康力7)


短歌 小池 光   俳句 坊城俊樹   詩 藤富保男

雑誌を購入する

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。