鼎談書評 文藝春秋 掲載記事

国家と国民の期待を背負った地震学者の信念と葛藤の物語

『関東大震災を予知した二人の男 大森房吉と今村明恒』 (上山明博 著)

産経新聞出版 1680円

保阪 『関東大震災を予知した二人の男』は、関東大震災前、地震予知に尽力した2人の科学者――大森房吉と今村明恒を描いた、いわゆるノンフィクションノベルです。まずは主人公の2人を紹介しましょう。

 大森房吉は、明治元(1868)年、福井藩勘定方下役人の家に、8人兄姉の末っ子として生まれます。帝国大学理科大学物理学科(現在の東京大学理学部物理学科)に首席で入学、給費生として地震学の研究を始め、同30年、29歳という若さで地震学教室主任教授となり、同時に震災予防調査会の幹事にも就任します。高性能の「大森式地震計」を発明し、その観測データをもとに地震波を解析、独自に導き出した「大森係数」を用いて、震源までの距離を算出する「大森公式」を発見するなど、“地震学の父”として世界的に有名な科学者でした。

 一方の今村明恒は、明治3年生まれ。薩摩藩士の三男で、同24年、大森と同じく帝国大学理科大学物理学科に入学。卒業後は地震学教室の副手として研究に従事し、同34年、大森教授のもとで助教授に就任します。

山内 今村は、2歳年上の大森がいたために、ずっと助教授のままなんですね。しかも助教授就任後も無給だった。「無給の万年助教授」なんて学生に陰口を叩かれるシーンがありますが、実際は、薩摩藩出身の縁故のつてを頼り、中央幼年学校(のちの陸軍士官学校予科)など陸軍教授が本官です。今村だってエリートですが、彼に屈折した感覚を与えているのは、どうも鹿児島弁が通じなかったようなんです。だから、彼は地方出身者のために東京弁を解説した本を書いていた。

片山 そうした不遇のせいもあってか、今村は東京に大地震が起きると予言し、しばしばマスコミにセンセーショナルに取り上げられます。明治39年1月には「今村博士の説き出せる大地震襲来説」(『東京二六新聞』)と大見出しで書かれ物議を醸しました。大森は、その論調を「浮説」として、今村に“これは私の本意ではない”という抗議文を新聞社に送るように諭すのです。また、今村が自説をまとめた本を出版すると、出版社が「東京地方(略)一大激震の襲来」「死傷者の数二十万」などと煽り広告を出して、大騒ぎとなる。そのたびに大森に叱られ、世間からは「ほら吹き」と批判される。ところが、結局、関東大震災が起きると、今村の言っていたことは正しかったとなったんです。

保阪 それで、後世、この2人の評価も反転しました。要するに、今村は苦難に耐えつつ警鐘を鳴らし続け、予知に成功した叩き上げの一流の学者、それに対して大森は、予知もできず今村を邪魔したエリート学者とされてしまった。そうした定説に一石を投じたのが本書の読みどころでしょう。

【次ページ】実現が近いと思っていたものがいつまでもできない

この記事の掲載号

2013年12月号
2013年12月号
うらやましい死に方2013
2013年11月09日 発売 / 定価840円(税込)
関連ワード

上山 明博山内 昌之片山 杜秀保阪 正康

読書の新着記事 一覧を見る RSS

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。