赤坂太郎 文藝春秋 掲載記事

野党再編は怨念ばかりの泥仕合

「秘密政局」で傷付いた与野党。14年政局は都知事選で幕が開く。

カット・所ゆきよし

「一強多弱といわれる政治状況の中で、政治理念と基本政策を一致させて自民党に代わりうる政権担当能力のある一大勢力をつくる。『結いの党』が触媒になって野党結集し、数の暴走に歯止めをかけたい」

 2013年12月18日、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ、ガーデンコートのボードルーム。みんなの党を割って旗揚げした「結いの党」の設立総会で、代表に選ばれた江田憲司は、14人の同志とともに、いつもよりも甲高い声を張り上げた。会見では、次の衆院選までに野党再編が実現しなければ、議員辞職すると宣言してみせた。

 政党交付金が年始の議員数で算定されるため、年末に新党ができるのは、風物詩となっている。だが、多くの「駆け込み新党」が、政党要件を満たす5人のメンバー集めに奔走することが多い中、15人集めての船出は、それなりのインパクトを与えた。

 12月には日本維新の会からは、前宮崎県知事で衆院議員の東国原英夫が離党して議員辞職。民主党からは中堅幹部で外務副大臣などを歴任した山口壮が離党した。自民党一強時代ができてから存在感をなくしていた野党が、再編に向けて大きく動き始めたことを実感させた年の瀬だった。

 野党各党は長い間、内部に亀裂や矛盾を抱えてきた。だが、特定秘密保護法案が触媒となり、党内に長い間ため込まれていたマグマが一気に噴き出した。

 すべての始まりは11月14日夜。東京・赤坂の中華料理店「Wakiya一笑美茶樓」で行われた会合だった。

 首相の安倍晋三、官房長官・菅義偉、自民党政調会長代理・塩崎恭久、そしてみんなの党代表・渡辺喜美らが集まった。第一次安倍政権の“お友達”の集まりで、ビートルズの名盤と「安倍路線(アベ・ロード)」をかけて「アビーロードの会」という。

 会合での安倍は、いつにも増して上機嫌だった。気の置けない旧友と会ったこともあるが、それ以上に朗報があった。渡辺が、秘密保護法案で修正合意する考えを伝えてくれたのだ。

 みんなの党は、秘密保護法案について、実務者レベルで修正案のたたき台をつくっていた。秘密指定の範囲を限定し、官僚が意のままに秘密指定できないようにするなどの内容だ。官僚主導の政治を打破すべきだと訴えてきたみんなの党としては、当然の主張ともいえる。

 だが、アビーロードの会で渡辺は、秘密指定に際し首相の同意を必要とする、などの妥協案を提示して、安倍と折り合った。安倍は、わずかな譲歩で野党の一角の協力を得ることに成功した。機嫌が良くならない方がおかしい。

 このあとは元首相・小泉純一郎の原発・即ゼロ発言が話題になり、「同じ脱原発派でも、最終処分場がないから……という小泉は倫理的な脱原発。コスト的に原発は高くつくという渡辺は経済的な脱原発」などと分類しながら盛り上がった。まるで、みんなの党が与党に入る前祝いをしているかのような光景。安倍はワインやシャンパンを飲んだ。

 ところが、翌日からみんなの党内が大騒ぎになる。渡辺が密室で安倍にすり寄ったという見方が流れたのだ。8月に江田が幹事長を更迭されて以来、党内は事実上の分裂状態だったが「アビーロード」を機に亀裂は一気に広がった。

 みんなの党の混乱は、まれにみる泥仕合だった。離党を決断した議員たちは口々に、渡辺が「黙って自民党につけ」「自民党渡辺派を目指す」などと発言していたと暴露。渡辺は、これらの発言を否定したうえで、記者会見では「江田が当選1回の議員をマインドコントロールした」と言い切った。後見人的な役割の最高顧問・江口克彦は、江田が更迭されて以降、自身のポストを返上する考えを突きつけながら融和を図ったが渡辺は聞き入れなかった。江口もさじを投げた。

 みんなの党と、結いの党の確執は分裂後も続く。みんなの党にとどまったものの、比較的江田に近かった若手議員の携帯電話には、江田からは勧誘の、渡辺からは引き留めの連絡が止まらなかった。

【次ページ】 急落した内閣支持率

この記事の掲載号

2014年2月特大号
2014年2月特大号
総力特集 「20年後の日本」への50の質問
2014年1月10日 発売 / 特別定価870円(税込)
関連ワード

江田 憲司安倍 晋三

政治・経済の新着記事 一覧を見る RSS

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。