検索結果
“院政”の検索結果
10件中1-10件を表示
  • 皇室典範どこまで変えるべきか

    …の制度は、強制退位や院政の危険を招くだけなので不要・有害だ、と。  もっとも、天皇はお飾りだからと説明するのは、あまりに不遜なため、公式文書に残…

    文藝春秋SPECIAL 激論! 退位は是か非か

  • なぜ「日本型組織」は変われないのか

    …たのである。日本も、院政期から江戸期にかけて、核家族から農地分割回避のため直系家族に変わったと思われる。  とはいえ、二〇世紀に入って工業化社会…

    文藝春秋SPECIAL 家族システム論から考える

  • 改造人事は「長期政権」への分水嶺

    …力の小渕のほか、党参院政審会長・山谷えり子や党厚生労働部会長・丸川珠代らの安倍シンパ、党政調会長・高市早苗、さらに有村治子らの名前が飛び交う。「…

    赤坂太郎

  • 「小沢切り」と「大連立騒動」の行方

    …の役員会で、小沢の衆院政治倫理審査会への招致問題をめぐって協議し、岡田への対応一任を決定した。この日朝、小沢は側近の一人に電話して冗舌に語った。…

    赤坂太郎

  • 小沢に切り崩された「七奉行」

    …小沢グループは、小沢院政は容認できない。ただ彼らの弱みは、幹事長となり得る岡田、前原らが閣僚で、身動きが取りにくいことだ。無役の枝野や渡部の名も…

    赤坂太郎

  • 小沢辞任で追い詰められた麻生首相

    …なった。岡田も、小沢院政の批判をかわ すためには小沢を役につかせた方がいいと考えて、最後は折れた。 「公認や選挙資金の権限に自分がこだわるわけで…

    赤坂太郎

  • 安倍退陣か、運命の投票日

    …セージだった。  参院政審会長の舛添要一も、「首相が会期延長をお決めになったのだから、負けたら、トップは責任を取らなければならない。大敗すれば、…

    赤坂太郎

  • 松岡自殺 安倍家二代の恩讐

    …七月に改選を控える参院政審会長・舛添要一は「非常に暗い話だ。自民党が良いイメージを持たれるはずがない。参院選は厳しい戦いを強いられる」と深刻な表…

    赤坂太郎

  • 小泉・安倍会談 その夜の一部始終

    …日夜だった。これまで院政は敷かないと公言してきた小泉だが、「事実上、後継指名した安倍が窮地なのに手を差し伸べないとは、小泉さんも冷たい人だ」とい…

    赤坂太郎

  • 小泉「裏官邸」と竹中官房長官説

    …切りとなれば、「小泉院政」の印象が広がり、逆に政権の危機を増幅しかねない。そう懸念した飯島は「予算案が衆院通過するまではダメです。やる時は小泉、…

    赤坂太郎

登録はこちら

文藝春秋について 毎月10日発売 定価880円(税込)

※発売日・価格は変更の場合があります。